So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

同級生出演の演奏会 [シルバーウィングでGO]

P1060655.JPG
4月に入ってすぐに横浜に住む高校の同級生から封書が届いた。中には新宿混声合唱団第51回定期演奏会と印刷されたビラと,チケットが2枚入っていた。添えられていた手紙には,毎年1800の席を埋めるのは大変なので是非とも聴きに来ていただきたいと書いてある。
これが去年までだったら,新宿まで合唱を聴きに出かける気にはならなかっただろうが今年は事情が違う。私自身が地元の合唱団に入ったからだ。
ビラに印刷されてある曲目は正直知らない曲ばかりだ。曲数も多い。これを全部歌うのは,体力的にも大変だ。喉の筋肉が鍛えられていない新米の私など,すぐに口パクになってしまうかもしれない。
それはさておき,都内に住む二人の娘のうち上の娘は育休中だから,下の娘に一緒に聴かないかと声をかけてみた。あまり期待してはいなかったが,一緒に行ってくれるという。これはラッキー。いろいろ案内も頼める。演奏会が終わってから近くで食事でもどうかと声をかけ,どこかいい場所があればいいがとメールをすると,それほど高くないからとイタリアン料理店を指定してきた。東新宿駅の直ぐ近くのレストランだ。
うん,楽しみだ。娘には合唱よりイタリア料理の方が楽しみだと本音をメールしてしまった。我が山の神からは,まずは合唱でしょと厳しい?一言。
さて,新宿混声合唱団の合唱はとてもよかった。感心したのはアカペラのところだ。基本的に全てピアノ伴奏による合唱だが,一部がピアノ伴奏が無いところがある。無伴奏が終わりピアノが始まると,合唱の音程と完全に一致している。新米の私はこうはいかない。必ずわずかに音程が下がる。
曲目の演奏としてよかったのは,「合唱組曲筑後川」の中の『川の祭』だ。テンポが早いが,その早さに苦しんでいる印象は全くない。口形の変化も全く苦にしていない。新米の私に出来る芸当ではない。フォルテからピアノへの素早い切り替えも私には無理だ。「川の祭」は祭りの様子が目に浮かぶような実に良い合唱だった。
さて,演奏が終わってホールから出るといくつもの扉の前は大変な混雑だ。出演者と知り合いの人がにこやかに挨拶を交わしている。我が山の神と娘は私に同級生に挨拶してきたほうがいいよと言う。しかし見渡しても同級生は見あたらない。玄関付近に立っていると,「おお,来ていたのか」との声。市原と横浜に住む同級生が声をかけてきた。高校の時から親しい,懐かしい顔だ。一人は同じ野田村出身だ。
3人で出演した同級生を捜していると,彼は階段から登場した。ステージの後始末をしていたそうだ。
久しぶりに顔を合わせると,時間は一気に半世紀前に戻る。同伴のにこやかな奥様とご挨拶を交わすことも出来た。我が山の神も娘も笑顔で対応してくれた。
良い合唱は聴けたし,友達に会えたし,うまい酒は飲めたし,最高の一日だったなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

脱籾井効果 [シルバーウィングでGO]

脱籾井と言っても脱穀の話ではない。元NHK会長の籾井勝人が退任した後の話だ。
自衛隊の日報を情報公開請求しても黒塗りどころか海苔弁状態でしか公表されなかったそうだ。しかし,その情報も少しずつ明らかになりつつある。
公表された資料から,PKOで自衛隊がかなり厳しい事態に陥っていたことが明らかになった。敵対する二つの陣営に挟まれて戦闘状態の銃撃に晒されたそうだ。弾痕を見て自衛隊員は総毛立ったことだろう。
NHKのPKOに関する報道も,籾井会長の頃なら報道にかなり制約があった。それが,after籾井会長になると,政権にかなり厳しい内容でも会長に遠慮せずに報道できるようになったという印象だ。
私は放送局は皆公共放送だと思っている。NHKでも日本放送でも,TBSでもフジでも同じだ。収入は視聴料とCM料金などと局によって違うが,目的に違いがあるはずはない。娯楽にしても,教養にしても放送の仕方に若干の違いはあるにしてもそれぞれ目的に大きな違いはない。
明確にしておきたいがNHKは国営放送ではない。つまり,その時点の政権の宣伝媒体であってはならない。それは,戦中戦前の過去が教えている。
それなのに籾井会長はあからさまに政権よりに舵を切った。NHKは今,その反省を肝に銘じ公共放送の役割を再認識しているはずだ。ただ,政権は籾井会長の頃を再びと思っていることだろうなあ。

テレ朝・報道ステーションより借用
DPP_8024.JPG
nice!(2)  コメント(0) 

保護者会 [シルバーウィングでGO]

日大のアメフト部の部員の保護者が問題の善後策を求めて集まったそうだ。部員からどうして良いか分からない,助けてほしいという声があがっているかららしい。
この話にちょっと笑ってしまった。大学生とはいえ年齢的には多くが成人の筈だ。自分たちがなにをしなければならないか,自分で判断できるはずだ。保護者が表にのこのこ出て行くべきかなあ。子離れに問題がありはしないかちょっぴり心配だ。
問題が大きすぎると言うかもしれないが,直接関わっているのは学生だ。自分の問題は自分で解決するのが本筋だ。我が山の神は小学生じゃないからねえとちょっと手厳しい。
ラフプレー実行者の宮川選手の保護者は相談に乗ったり助言はしたりしただろうが,表には出てきていない。宮川選手の保護者は隠れたのではない。自分の始末は自分でつけさせたのだろう。そこに高い識見を感じる。
なお,今日の報道では,学生も声を上げ始めたらしい。このまま声を上げなければ,自分たちの思いから離れたところで話が進んでいくと危機感を抱き始めたのではないかと想像する。艱難汝を玉にすとはよく言ったものだ。

保護者とは言えないなあ
DPP_8023.JPG
nice!(2)  コメント(0) 

証拠隠滅・逃亡の可能性 [シルバーウィングでGO]

籠池夫妻が拘留されて7ヶ月だそうだ。こんなに長い拘留は異例だろう。拘留の理由は証拠隠滅や逃亡の恐れだそうだが,この話には笑ってしまった。
森友関連の文書隠しをしたのは財務相だ。隠しただけではない,佐川理財局長の話にあわせて,文書を捨てようとさえした。文書隠滅,つまり証拠隠滅だ。隠した佐川理財局長は,大きな罰則を受けることもなく退職金をがっぽりもらって目出度く退職,国会から逃亡だ。今頃は,危なかったと胸をなで下ろしているだろう。
こんな状況では籠池夫妻を拘留するより,財務相のお役人を拘留して取り調べた方がいいんじゃないかとさえ思ってしまう。国会に,つまり国家に膨大な損失を与えたかどでとっ捕まえられないものだろうか。こんな犯罪的なことを平気で行う財務省は解体してしまえと言いたくなる。
政府は取り調べられては困る谷恵子(さえこ)さんも海外勤務に出して隠してしまった。これも,証拠隠しの一つと言っていいだろう。こんなインチキがまかり通るような政治では,悪いことをしても捕まらなければいいのさ,捕まるヤツがバカなんだよとうそぶく人間が増えるような気がする。

DPP_8021.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

アメフト宮川選手会見 [シルバーウィングでGO]

P1060652.JPG
アメフトで危険プレーをしてしまった日大の宮川選手の会見が行われた。記者からいろいろな質問を受け,苦しげな答え方をするのだろうかと思いながら見ていたが,真実を語ろうという決意があるからだろうか,目線をふらつかせることもなく謝罪会見を始めた。
宮川選手はスポーツ選手の多くがそうなように,弁舌が巧みな人ではなさそうだ。しかし,愚鈍という印象ではない。記者の質問を正しく受け止める理解力があった。さらに,質問に対して知っていることは隠すことなく全て話そうという姿勢で貫かれている。木訥な話し方ではあるが,一言一言かみしめるように質問に答えていた。
感心したのは,答える姿勢がぶれないことだ。質問者は宮川選手に何とか監督への苦言を話させようとしていたが,その種の質問にのることはについに無かった。また,時間をかけてしっかり考え,分からないことは分からないと答え,想像や推測を軽々しく述べることもなかった。答え方が真摯でもあり,聞く報道記者もそれなりの敬意を払っての記者会見だったのが救いだ。
だが,謝罪したからといって,宮川選手のやったことが免罪になるわけではない。宮川選手本人が言っているとおり,指示されたことを実行した彼自身のラフプレーがこの事態を引き起こしている。責任はとらなければならない。ただし,彼にそんなプレーをさせてしまった日大フットボール部にも明確な責任をとらせなければ,日本大学本体にまで累が及ぶだろう。
それにつけても,大人側の往生際の醜さが際だつ会見だった。
nice!(1)  コメント(0) 

動かぬ証拠も知らぬ存ぜぬ [シルバーウィングでGO]

愛媛県から出てきた文書が新聞に載った。常識で考えれば動かぬ証拠だ。加計学園に対して政権がかなりの便宜を図ったことが明確だ。
しかし,ここからが不思議だ。これだけ明らかな物証が出てきているのに,愛媛県の文書について論評する立場にありません,そんなことはありませんでしたとシラを切り通そうとしている。これが,法律に基づいて政治が行われるはずの日本の正体だとしたら,日本は中国やロシアとそれほど違わない。
どっかの監督も政府のまねをして,そんなことを言った覚えはありませんと言うかもしれないなあ。なにしろ映像や部員の証言でなぜあんな違反タックルが行われたかみんな分かっているのに,乖離とかなんとか難しげな言葉で煙に巻こうとしている。
政府の態度まねて,日本中で同じように見え透いたシラを切り通そうとする輩が増えるのではないかなあ。

P1060651.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

撤回 [シルバーウィングでGO]

前回の続きだ。日大のアメフト監督が試合終了後に,「あれぐらいやっていかないと勝てない」と言った言葉を撤回するそうだ。おいおい,政治家の撤回癖がスポーツの世界にまで蔓延してきたのかい。
例えば,「おい,俺のことをバカだと言ったな。その言葉撤回しろ」「はい,済みません撤回します,私の方がバカでした」というやりとりなら分かる。
日大監督の撤回は投げた石を投げなかったことにしようとする撤回だ。撤回しようとしても出来ないことがあるということが理解できていない。
冒頭のことばを否定するなら,そのような私の考えは間違っていました。これからは,フェアープレーの精神を徹底して参ります。大変申し訳ありませんでした,と謝らなければならない。
ゲームの目的は勝つことだ。しかし,勝つために手段を選ばずという思想の持ち主には退場してもらうしかないだろう。
redcard.jpg

nice!(2)  コメント(1) 

本質 [シルバーウィングでGO]

関西学院大学の詰問書に対して発表された日大の文書の中に本質という言葉があった。
「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質と認識」との件だ。
文責はアメリカンフットボール部の部長,加藤直人という先生だ。大学の教授をしているくらいだから事態を正確に把握し,練りに練った文章なのだろう。
そう推測はしながらも,どうもしっくりこない。
そのひとつが本質という言葉の使い方だ。本質というのは物事の中でも,動かないものを指す。例えば武術の本質は相手を倒すことだ。場合によっては命を奪う。剣術,柔術,弓術みんな同じだ。剣道,柔道,弓道などスポーツの本質はその真逆と言っていい。
指導の中で受け取り方が変わってしまうようなことは,本質とは言わない。やや柔らかく「本質的」という言葉なら僅かにうなずくかも知れない。しかし,それでも違和感は強い。監督のものの見方考え方が,大学スポーツの目的とは本質的に相容れないのではないかとの疑いが消えない。

追記 恥ずかしながら関西学院大学を関西大学と誤記。指摘して頂いたLargeKzOhさんに感謝です

光には重さがないって? じゃあなぜブラックホールの重力から抜けられないのだろう
IMG_9012.JPG
nice!(1)  コメント(1) 

いつの間にか無料プライム会員 [シルバーウィングでGO]

アマゾンのプレミアム会員の無料体験にようこそというメッセージが入った。

youkoso.jpg

え?いつの間にそんなことになったんだ。ついさっきアマゾンで買い物はしたが,いつも出てくるプライム何とやらはずっとパスしている。年間の支払いは3千円ちょっとなので払って困ることはそれほどないが不要な支払いをすることはない。
それなのに,プライム会員の無料お試し期間になったというメッセージ。私がそんな誘いに乗った画面は覚えていない。と言うことは,疑り深い私でさえうっかりしてしまう場面があったのだろう。わかりにくかったとは言え,nonと操作しなかった私の責任だ。
しかし,無料お試しだから余計な支出は避けられる。ただし,最近,この頭の働きにどうも自信がない。期限が来るとどうしますかというメールが来るはずだが,そのメールを見はぐるかもしれない。見てもこれなんだっけとそのままにしておけば契約成立だ。アマゾンは,こういうちっぽけな収入を膨大な数積み重ねて,莫大な利益にするのだろう。今のうちに,無料会員お試し期間を終わらせておくに限る。
うん,これも戦いだなあ。そう,私の認知症進行との戦いだ。
nice!(0)  コメント(0) 

罪悪感・自責の念 [シルバーウィングでGO]

新潟の小学生殺害事件報道で,多くの人は犯人は被害者の直ぐ近くの人だろうと思っていたような気がする。私自身がそう思っていたからだ。
犯行現場は被害者の家の近くだ。怖い人に出会えば直ぐに自分の家に逃げ込むだろう。逃げられなかったということは,いつもは怖いとは思っていない人に襲われたからだろうと推測した。
逮捕された被疑者はまさしく多くの人が考えたとおり,被害者のすぐ近くに住んでいた。被疑者は車で被害者にぶつかったのでパニックになって車に連れ込んだと言っているようだが,もしも被害者が車と接触していたとしたら,その接触事故が被疑者の故意だった可能性はないか考えてみる必要があるだろう。
なお,この惨事には,本人はおろか,親にも,学校の先生にも,友達にも何の落ち度もない。それでも,親は自分が子供を死なせたかのような罪悪感にさいなまれ,学校の先生も,友達も,そして友達の親でさえ,自分に幾ばくかの責任があるかのような思いにとらわれて苦しむだろう。被疑者の家族もまた激しい自責の念に苦しむだろう。

何事もなく,無事に育ってほしい
IMG_8980.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -