So-net無料ブログ作成
検索選択

ETC [シルバーウィングでGO]

二輪車こそETCが必要だと思う。二輪車で高速料金を払うのはなかなか大変だ。
停止して、グローブをはずし、ポケットから財布などを取り出して、必要な金額を差し出す。出来るだけ事前に用意しておつりの無いように気をつけるが、実は、金額以上のお札を用意し差し出した方が早く済む。おつりがあればそれを無造作にポケットに押し込み、急いでグローブをはめて出発する。後ろに車でも列ぼうものなら、クラクションを鳴らされないように急ごうとしてあわてる。
こんなシーンを回避するために考えられることは、カードによる支払い。これはかなり楽だ。クレジットカードの便利さを実感するときである。

しかし、それでも一端は停止して、ポケットなどからカードを出さなければならない。基本的には現金を払うときとはそれほど違わない。いや、違うことは違うが、煩わしさが無くなるわけではない。
そこで、ETCである。二輪車こそETCである。

シルバーウィングの車検の時期になったので、購入した○○商会にETC車載機の取り付けを頼んだ。しかし、○○商会からの連絡でETC車載機が6万円もすると言うので、取りやめてしまった。一般の車のETCに比べると、高すぎるからである。もちろん、出せない金額ではないが、この金額が許せなかった。

その後、ネットで二輪車用ETC車載機の情報を探していると、価格コムの掲示板で有力な情報をキャッチ。Napsで取り付けてくれるという。それも、3万円以下で。

Naps足立店は、娘が住んでいるすぐ近くだった。シルバーウィングを持ち込んで預け、取り付けをすませた。帰りには、持っていったカードを装着し、加平から首都高速に入ってみた。料金所ではやや不安な気持ちでETCのゲートに進入。ぱっとゲートが開いたときには、大人げないほど喜んだ。

なお、現金でなくクレジットカードで支払う場合でも、ETCカードでなければ支払いできないところがある。ETCカードはその意味でも使い勝手が良いようだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

Ryo. I

こんにちは。婿です。
私も昔バイクに乗っていたときには、高速料金の支払いに苦労しました。
アームポーチを買ってきて、中にお金や料金所のカードを入れておいたり、燃料タンクに取り付けられるカバンを買ってきて、その中に入れたり。
ハイウェイカードは割引率も高くて便利だったんですが、偽造カードが出回ってしまって無くなってしまったんですよね…。
by Ryo. I (2007-07-16 13:42) 

marukobunko

Muko様
4日、待ってます。お酒一杯買っておきます。
ね、山の神様、いいでしょ。

Marukobunko
by marukobunko (2007-08-01 17:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0