So-net無料ブログ作成
検索選択

我が山の神 デジ一デビュー [シルバーウィングでGO]

yamanokami2.jpg
ついに我が山の神もデジタル一眼レフカメラを始めることになった。
近くの電気屋さんに行くと、今月発売したばかりのCANON EOS Kiss X2があった。
手に取ってみるとこれが非常に軽い。ボディーの重さが475グラムということだ。
と言うことは私のカメラの半分に近い。また、キットについているレンズも非常に軽い。
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS が僅か200グラム。驚異的な軽さである。しかも、手ぶれ補正の能力が、シャッター速度4段分という素晴らしさである。
「私にもできるかしら」
「ああ、この軽さなら絶対できるよ」
我が山の神の細腕でもこの軽さなら筋トレ無しでも十分にできるだろう。

購入したのはダブルズームセット。18mmから250mmまで、一気にカバーしてくれる。35ミリにすると、400mmまでの能力に相当する。
すると、私のカメラとレンズのセットと同じではないか。
おっと、連射の速度は私のカメラより速いことになる。こんなに軽いのに、こんな能力があっていいものだろうか。

さて、4月29日。天気は最高。ストリームに自転車を二つ乗せて、水元公園に出かけた。水元公園で、我が山の神のデジ一デビューである。
今まで使っていたデジタルカメラに比べると、やっぱり大きい。しかも、色々覚えなければならないこともある。絞り、シャッター速度など、基本的なことを撮影しながら少しずつ覚えてもらった。
カメラの能力とレンズの能力と、我が山の神の能力が相まって、なかなかの写真が現れた。これは、うかうかできない。私よりもいい写真が撮れた場面もあった。ちょっと悔しい。なに、ビギナーズラックさと気を取り直して、さらに難しい逆光の撮影も取り組んでもらうと、結構様になってくる。
ということで、我が山の神の写真をいくつか紹介しよう。
poplar.jpg
aosagi.jpg
flyingbird.jpg
mizumo.jpg
me.jpg
なお、私の素顔は初出である。
「顔は出てないじゃないの」と我が山の神。
最後に、私の写真も少し。教えることは学ぶこと。と言える写真がないのがつらいところだが。
hunter.jpg
aosagi2.jpg
kozue.jpg

http://www008.upp.so-net.ne.jp/bunkoh/
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

akiko

山の神は構図の捉え方がうまいですね。カメラ小僧は鳥の躍動感が良く出てる。絵に例えるなら、山の神は葛飾北斎、カメラ小僧は東洲斎写楽かな、、、なんてね。今度、お二人の記念日の前日にギター小僧とうかがいます。
by akiko (2008-05-05 03:12) 

marukobunko

お酒、いっぱい用意して待ってます。
写楽や北斎にたとえられててれ照れく斎。
by marukobunko (2008-05-05 07:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0