So-net無料ブログ作成
検索選択

Distant Suns [シルバーウィングでGO]

昔、Distan Sunsという天文ソフトを使っていたことがあった。なかなか面白いソフトで、世界中の場所と時間を設定して、空にどのような星が見えるかを知ることが出来るプラネタリウムのようなソフトウェアである。
このソフトを使っていたのはWindows98の頃が中心だったが、WindowsXPになって事情が変わった。WindowsXP は Distan Suns のインストールを受け入れてくれなかった。だから、今まで殆ど何にも使っていないWindows98のノートパソコンをこのDistan Sunsのためにだけ置いてある。しかし、置いてあるが、実際に動かすことはほとんどなかった。いちいち取り出して長い時間をかけて起動させるのがとても面倒だった。販売元に問い合わせてみたが、XP対応にバージョンアブする予定はないと言うことだった。

さて、この年末に木星の衛星をKissX2と100-400L ISで写してみたら、意外によく写っていたので、ちょっぴり空のことも気にかかっていた。1月10日、夜外に出てみると東の空に赤い星が出ている。かなり明るいが、星の瞬きがほとんどない。どうやら惑星のようだ。赤い色をしているのでたぶん火星だろうと推測した。
しかし確証はない。そこで思い出したのがDistan Sunsだ。懲りない質なのでもう一度インストールを試みた。当たり前のことだがXPは拒否してくる。
しかし、待てよ、インストールできなくても、EXEファイルを直接起動させたらどうだろうかと思いついた。まさか、システムが破壊されたりはしないだろうから、一つやってみようとEXEファイルを動かした。
やってみるものである。インストールできないはずのDistan Sunsがちゃんと動くではないか。これはうれしい。パソコンの能力も以前使っていた98ノートに比べれば遙かに速いので、動きは誠に軽快である。赤い星はやっぱり火星だった。
distant suns.jpg
東西南北の空を見ていると、アンドロメダという文字が見えた。この星座の中にあるM31という天体が、ご存じ我が銀河系と兄弟の渦巻き銀河である。これが、西北西の空に見えるはずだとDistan Sunsは教えている。
Distan Sunsが教えてはいるが、実際に見ることが出来るだろうか。まあ、ちょっとだけ試してみよう。
取り出したのは、CANONの防振双眼鏡、10×30 IS である。この双眼鏡で見えるはずの空を眺めだした。しかし、天気が良いはずの空だが、結構白っぽい感じがする。雲は出ていないが、地上のいろいろな照明が空を明るくしてしまっている。いわゆる光害だ。
それでも、我慢してじっと見つめていると、次第に目が慣れてきて、小さな天体も見えるようになってきた。しかし、M31はなかなか見えてこない。諦めようとした時、目の隅の方で何かぼやっとしたものが動いた。もしかしてとその方向に双眼鏡を向けてじっと見ていると、薄ぼんやりとした楕円形状の天体が見えてきた。そう、これがアンドロメダ星雲、M31だ。
天体望遠鏡でなくても、こんな10倍しかない双眼鏡でも見えるのだと驚いた。もしかすると、倍率の大きな安物の天体望遠鏡くらいでは、視野も狭く暗いので、かえって見つかりにくいかもしれない。
見えたとは言っても、小さな楕円状のものがぼんやりと見えた程度だから、感激の度合いは小さいが、身の回りにはいろいろ面白いものが散らばっていると言うことを再確認した。
マルコは知らんぷりだろうが、我が山の神はちょっぴり興味がありそうである。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/bunkoh/
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

天文ファン外野席

 この記事を読んだあと、すぐにXPでDistant Sunsの起動と使用が確認できました。とても嬉しかったです。

 私もまったく同じ理由で、Windows98ーMEまでの対応しかない、このソフト入りのパソコンを手放せませんでした。私の場合、XPとMEを混在させるパソコンで、この問題を十年以上切り抜けてきたのですが、この記事によって、ついにMEともお別れになりました。それは一年ほど前のことです。それからの一年間でXPさえも窮地に立たれることになり、やむなくWin7を導入しました。そして今度はXPとWin7を一緒に入れた一台のパソコンを作らねば、と考えていましたが、問題が多いのでやめました。本命(仕事用)は未だXPで、7はネットやら余暇雑用に使っています。

 本日Win7で、XPと同様にDistant Sunsの起動と使用を確認できました。Distant SunsのCDからDistant Sunsのアプリケーションファイルをダブルクリックでそれは起動します。動作になんら支障なく使えました。こうなるとWin8やWin10でも動く可能性が十分ありますよね。どなたか確かめられ方がいたら、コメントをお願いします。是非そうなることを祈っています。

 Distant Suns(NASA制作ソフト?)とこの記事を発信された氏に感謝、感謝です。
by 天文ファン外野席 (2015-11-22 16:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。