So-net無料ブログ作成
検索選択

ぎっくり腰 [シルバーウィングでGO]

先週の水曜に庭で土掘りなど腰を曲げて体を使う作業をした。慣れない仕事でちょっとばかり疲れた。まあ,メタボ対策にはなっただろう。
翌日午後,卓球教室に行くために着替えを始めた。ズボンをはきかえる為にほんのちょっと体を前に傾げたとたん,腰にビクンと痛みが走った。やってしまった。ぎっくり腰だ。重いものを持ち上げたわけでもない。腰を強くひねったりしたわけでもない。ほんの少し腰を曲げただけなのにこんなに痛むとは。
そう言えば,ほうきで床を掃こうとしたときにぎっくり腰におそわれたことがあったっけ。くしゃみをしたとたんにぎっくり腰になったという話を聞いたこともある。腰の構えをしっかりしておけば,かなりの重さや激しい動きでも痛みがくることはないのに実に不思議だ。
さて,日本人でなくてもぎっくり腰になることはあるだろうが,考えてみれば腰を英語で何というかはっきりした記憶がない。ええと,ウェストかな。でも,なんだかしっくりこない。腰はウェストよりちょっと下のところだ。それで調べてみると,我々が意識している「腰」という言葉ははっきりしないらしい。もっと細かく分けているそうだ。
腰のくびれはwaist(ウェスト),骨盤のところはhip(ヒップ),その背骨の部分は(lower back)と三つに使い分けるそうだ。それで,ぎっくり腰のことはstrained backというそうだ。
我が山の神に湿布を貼ってもらったこともあり,ぎっくり腰もよくなりつつある。布団から起き出すのもそれほど苦労しないし,歩くのも問題はない。うん,何とか卓球も始められそうだ。

ラズベリーの芽が出てきた
SDIM5316.JPG
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

LargeKzOh

 以下、当方の経験です:
 腰部脊柱管狭窄症、及び腰部ヘルニア経験者+変形性股関節症予備軍であります。

 かかりつけの整形外科医師によれば、ヘルニアもぎっくり腰も日頃体幹を鍛えておく事が予防に繋がるとの事で、簡単な体幹強化体操を教えられました。

 多分、同じものがネットで調べられると存じます。
 ご快復されてた上で、また楽しいブログをお願い申しあげる次第です。

by LargeKzOh (2017-04-04 18:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。