So-net無料ブログ作成

陣痛タクシー [シルバーウィングでGO]

娘からおもしろい話を聞いた。陣痛タクシーというのがあるそうだ。事前に登録しておけば電話するだけで詳しいことは説明せずとも事前に登録してある病院まで送ってくれるタクシーだそうだ。
陣痛が始まってから自分で電話をかけ必要なことをタクシー会社に告げるのはなかなか大変かもしれない。何分後にお願いしますの一言で済むのだから,おなかの大きな妊婦さんは心強いだろう。
調べてみたら,陣痛タクシーは首都圏に多いようだが地方でも整備されつつあるようだ。驚いたのが山形県で,全国で最も多い22のタクシー会社が利用可能だ。全くこういう仕組みのない県もあるようだ。是非,考えてもらいたいものだ。考えてみれば,こういう仕組みは病院までの距離がある地方の方が必要度が高いような気がする。こういうサービスが始まれば地方で生活する人も増えるかもしれない。そういう意味で,山形県は進んでいる。
さて,政治の世界では経済振興策などいろいろ施策を練っているが,人の数が減って国が発展するわけはない。市町村のレベルで見ても,子供が減って高齢者が多い自治体は明るい将来図を描けないでいる。「まされる宝子にしかめやも」の昔から子供は国の宝だ。安心して子育てが出来る町づくり,国づくりを進めてもらいたいものだ。

IMG_6969.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0