So-net無料ブログ作成

末は博士か大臣か [シルバーウィングでGO]

志を果たしていつの日にか帰らん
故郷の3番の歌詞の一節だ。
この歌の頃の志って何だったのだろう。男が故郷を離れてふる里に戻って飾る錦は,学問で名をあげるか社会的・政治的に名を広めるかのどちらかだっただろう。当時のことだから軍人として偉くなるということも含まれる。それで,「末は博士か大臣か」と言われたのだろう。いずれにしても,故郷に錦を飾る事は,昔は男子の本懐と考えられたのだろう。
さて,安倍改造内閣が発足した。支持率急落を受けて,安倍内閣の信頼回復を意図した内閣改造だが,何しろ反省材料一番の総理はそのままだからV字回復とはいきそうもない。
自民党には志を果たしていない大臣待望議員が何十人もいるそうだが,今回は失敗は許されないと言うことだろう,初入閣は僅かだった。その中の斉藤農水大臣はまだ当選3回組だ。志を果たせなかった議員は「5回・6回当選組を差し置いて」と,怨嗟のような眼差しで斉藤議員を見るかも知れないなあ。
なお,唱歌の故郷の三番の歌詞は歌われないことが多いらしい。たぶん,「志を果たして」の部分に違和感があるからではないかと思うが・・・。

私の故郷には今もこんなところがある
IMG_1919.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。