So-net無料ブログ作成

今年の流行語大賞 [シルバーウィングでGO]

ちょっと気が早いが,今年の流行語大賞はほとんど間違いなく「忖度」で決まりだ。忖度を繰り返した財務省や文科省が受賞したら,誰がどんな顔で喜ぶだろう。
忖度という言葉にはKYという意味を含めて良さそうだ。
「うちらの名誉校長は首相夫人でっせ」
「ああ,わかってます。土地のことは分かってます」
「学校には安倍晋三記念という文字も入れる予定でっせ」
「ちゃんと分かってます,出きるだけ0円に近づけます」
「おたく等が,便宜を図ってくれよったことは,ちゃんと報告しておきますよってなあ」
「有り難うございます,きっとご期待に添えるようにがんばります」
かの御仁がKYしなはれと言うと,そのお役人はしっかりと忖度する構図だ。
KYは若者言葉だった。Kは空気,Yは読むだそうだ。危険予知ではない。KY男子と言えばその場の空気を読めない男。KYしろよと言えば空気を読めという忠告になるそうだ。
財務省のお役人はKYを強いられ,大きな忖度の海に投げ込まれ,あるかどうかもはっきりしないゴミに数億円の値をつけ,9億円を1億円にたたき売った。
さて,高村副総裁は加計学園問題を追求するのはguessの勘ぐりだと野党を非難した。確かに,guessとは忖度という意味かも知れない。

うるさい! ジミーンジミーンジミーン
IMG_7041.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。