So-net無料ブログ作成

森村誠一・正義の証明 [シルバーウィングでGO]

P1060244.JPG
久しぶりに森村誠一の本を選んで読んでみた。前回読んだのが絆の証明という本だったが,今回手にしたのは正義の証明という,いわば証明シリーズの小説だ。
推理ものと言えばそうとも言えるだろうが,突如として鍵を握る人物が前面に出てくる展開が多く,謎を読者の推理だけで解き明かすことは不可能だ。
絆の証明でもそうだったが,この正義の証明でも主要な登場人物が,同じアパートの住人だったという偶然を中心に展開される。同じ作家だから書ぶりが同じようになるのは避けられないのかもしれないが,「焼き直し」の印象は否めない。
話は不条理から始まる。悪魔のガイドブックという本を読んだ少年たちが本に書かれてあることをそのまま実行し,一人の少女を歯牙にかける。加害少年たちは法に守られ,被害者の少女は自ら命を絶つ。
しばらくして,悪魔のガイドブックを出版した金山が謎の私刑人の標的になる。出版を取りやめ,被害者に謝罪しなければ実弾を撃ち込むと私刑人に脅迫される。金山は脅迫を恐れ私刑人の言いなりになる。
警察の面目は丸潰れだ。庶民は公法で動く警察ではなく,リンチによって正義を守ったとして私刑人に喝采を送った。この後も,非道を繰り返す裏社会や政治家と私刑人,警察,追うもの,追われるものが河合荘という粱山泊をめぐる話として展開する。
終わりは一変して,まるで修身の話のようだ。私刑人が改心して姿を現し警察に捕まる。淫らな遊びを繰り返し,ついには殺人まで犯した有力政治家の娘も人間の心を取り戻し一件落着というエンディングだ。そして,河合荘の住民が都会の中に散っていく。
極めて雑駁だが,正義の証明の粗筋だ。
さて,この小説で正義はどのように証明されたのか。実はよく分からない。めでたしめでたしのエンディングで正義が証明されたとは誰も思わないだろう。正義の証明の根幹が法であったり,警察権力であるという解釈もあり得ない。著者自身も正義はなによって守られ行われるべきか自問自答を繰り返しているのではあるまいか。ただし,この小説では河合荘という小さなコミュニティに正義を守ろうとする価値を見いだしたかったのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感