So-net無料ブログ作成
シルバーウィングでGO ブログトップ
前の10件 | 次の10件

小学校の標準服17,000円でも [シルバーウィングでGO]

小学校の標準服をアルマーニというブランドにする学校があるそうだ。校長は長文の文書で理解を求めているそうだが,その文書をみた保護者は頭にきたかもしれない。在学している子供がひどい,保護者にもひどい人がいる。矯正するためにはヴィジュアルアイデンティティとして誇れる制服を着させて,銀座の学校に通っている意識を強める必要があると言っている。
はっきり言って,文書の構造はほめられたものではない。酒でも飲みながら書いた文書なのかと疑ってしまうほどのごちゃごちゃぶりだ。育てようとしているのは誇りではなく,ブランド服を着ているんだぞという優越感だ。
保護者もこの校長の主張には違和感を持つ人が多いようで,なんと,国会でも取り上げられたらしい。質問された麻生副総理も,「何で俺が答えなけりゃなんねぇんだ」と困っただろう。
さて,ここで言いたいのはアルマーニの標準服の値段の高さもあるが,今までの標準服の値段だ。この報道の値段が安いと思われてしまうのではないかと心配する。17,000円とか19,000円という価格。小学校一年生がこんなに高い標準服を着て毎日登校するのかという驚きだ。なんで,ユニクロの服で困るんだ。高品質で多くの人に受け入れられる価格。ユニクロで一人一人が自分にあった服を選べば,もっと安く手に入るだろう。ああ,もちろんユニクロでなくたっていい。手作りだって悪くはない。たかが小学生の標準服と言うと,かの校長先生「たかがとは何だ」と青筋を立てるかもしれない。しかし,小学生が毎日着る服だ。汚れ,すり切れることを心配せずに,毎日洗濯機に入れられる服がふさわしい。
明治の元勲のことを言いたくはないが,この校長先生は彼らがぼろでも毎日洗濯し,清潔にしてまとっていた服に高い価値を見いだせないのだろうか。
それにしてもあの文章,保護者の多くが途中で投げ出しただろう。まさか,それがねらいではないよねぇ。
65年前.JPG
60数年前,私も小学校に入学した。たしか,お袋様のつくってくれた服を着て。あの時代,東北の寒村。たぶんハイカラすぎて記念写真では一人だけ目立っていた。その写真は津波に流されたはずだ。写真は祖母の膝にもたれながら写っている入学前の写真。着ているものはお袋様がつくってくれた服だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝食でパン [シルバーウィングでGO]

昨日パンを焼いた。我が山の神が全粒分のパンが良いというので全粒分を使ったレーズンパンを焼くことにした。材料を機械に放り込むのは私だが,こねて,発酵させて,焼くのはパナソニックのベーカリーだ。便利なものだ。焼けたら取り出して切るだけだ。パンは昨日の昼前に焼けたので昼食でも食べた。焼きたてパンはなかなかうまかった。
そのパンを今朝も食べることにした。我が山の神が一食分に切って焼いてくれたものを前に座る。朝食にパンを食べるのは何年ぶりだろう。いや,何十年ぶりと言った方がいいかもしれない。
牛乳にインスタントコーヒーと砂糖を入れて温める。ソーセージと卵を焼き,キャベツの千切りにパプリカとリンゴのサラダ,それにバナナとリンゴとヨーグルトのデザート。栄養価的に足りているかどうかわからないが,量的には十分の朝食になった。
うん,お米の朝食は当然いいがパンの朝食もなかなかいいもんだ。これからも時々,これにするかもしれない。そのためには,パン焼きの材料は,常備しておかなくちゃなあ。
P1060502.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最悪のタイミング? [シルバーウィングでGO]

自衛隊の幹部の言った言葉,「最悪のタイミングで事故が起きた」に誰しも,え!?と驚いただろう。
言い換えれば,「こんな事故,起こるんなら別の時にしてほしかった」ということになる。言った本人は,いや,起こってほしいと言っているわけではない,と弁解するだろうが,日本語を正しく理解する人なら,タイミングの意味を取り違えるはずはない。
オスプレー配備に支障がでることを心配して言った言葉だが,自衛隊のヘリコプターが墜落して民家を直撃,隊員は亡くなり民間人の怪我人まで出ているときに口走る言葉とは思えない。この幹部,いったい何の心配をしているんだろうなあ。

これはオスプレーではなくチョウゲンボウのホバリング
DPP_0384.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しんぞう [シルバーウィングでGO]

何やったって止められないんです。どうせ,基地ができるんだったらせめてお金は・・・。
政府は札束で名護市民の顔を張った。それは沖縄振興ですと政府は言う。我々の候補者を当選させればお金を出すという選挙。そんな政治って許されるの?と思うが,大人と言われる人たちは,「なに青臭いこと言ってるの?世の中,金目でしょ」と言ってはばからない。
基地はどうやっても出来,反対すれば振興費は入ってこないとすれば,お金を選ぶのはやむを得ないかもしれない。今の状況は沖縄の人たちの選択を非難しにくい。沖縄にだけ基地を押しつけ,金目でしょとうそぶくヤマトンチュを前に,ウチナンチュはあきらめの投票行動だ。
基地を殆ど全部押しつけながら,米軍辺野古移設をありがたく思えと言わんばかりのしんぞう。私もそんな毛の生えたようなしんぞうがほしい。あ,しんぞうは晋三ではありませんぞう。心臓ですから念のため。

今年初のカワセミ
IMG_5052.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピラカンサ丸裸 [シルバーウィングでGO]

携帯のアラームがなった。ゴミ捨ての時間だ。立春を過ぎたとはいえ今朝は寒い。歩くのは片道200メートルもないが寒さ対策は必要だ。ゴミを捨てて,まっすぐは帰らずちょっとだけ散歩。ただしノンビリではなく急ぎ足でぐるっと一回り。
IMG_8050.JPG
家の近くまで戻ってきて異変に気づいた。いつも真っ赤なピラカンサの木から色が消えていた。しげしげと眺めても,赤い実は一粒も残っていない。あれだけたくさんあったのだから一粒ぐらいはと思うが,見事なまでに残っていない。犯人はたぶんヒヨドリだろう。
近所の人もゴミ捨てに出てきたので話を聞くと,大雪の日あたりに無くなったということだ。雪のために食べられるものがなくなったので食べたのだろうという。
確かになあ,野鳥が生き延びるためには食べられるものなら何でも餌にするだろう。ヒヨドリやオナガはなんでも食べる。ただ,オナガは最近はこの辺で見ていない。十中八九,ヒヨドリだろう。
どれ,久しぶりにカメラでも担いで,その辺を歩いてみようか。歩かなきゃ,棒もあたらないからからなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一食30円 [シルバーウィングでGO]

P1060501.JPG
天声人語に,龍谷大学の学生が一食30円の試作に挑んだ話がのっていた。今時,一食30円では栄養価が足りる食事はできないだろうし,味付けも満足にはできないだろう。読んでいくと,学内で栽培している米だけはただの計算だそうだ。
それにしても,30円では昔風に言うなら味噌醤油も満足に使えないだろうが,優秀賞のあんかけ鶏肉団子は29.912円でできたそうだ。金額は材料費だけの計算だろうが,それでも学生の知恵と工夫もたいしたものだ。
一食30円で思い出すのは,50年前の学生寮で出される食事だ。朝30円,昼30円,夜40円,つまり三食で100円だった。昼食は寮で食べない学生もいたが,中には自転車で戻ってきて食べる学生もいた。
三年生の時だったか,寮の自治会は食費を値上げするかどうかでもめた。確か,一日あたり120円にするかどうかだったと記憶する。
炊事婦さんも自治会が雇い,値上げするかどうかも自分たちで判断しなければならなかった。今では考えられない金額だが,上級生ほど値上げに慎重な意見が多かったように記憶している。
昔を振り返り,あのころは良かったと述懐するようになると,老い先は短いらしい。だから,50年前は良かったとは言いたくない。しかし,このところの日本は格差社会になってきているのではないかと心配している。今はまだ格差の段階だが,報道では貧困が学歴格差を生み,その格差がまた貧困につながっているという。格差の再生産が格差の固定化になったら大変だ。そのうち,格差社会ではなく階級社会のようだと言われたら,社会は分断され,その修復は難しくなるかもしれない。
さて,一食30円のレシピで学生たちは何を学んだだろう。これをきっかけに彼らの学びの半径が広がってほしいものだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クローン猿 [シルバーウィングでGO]

昨日は猪八戒誕生かと言う話しについて書いたが,今日は猿と人の話だ。
イギリスでドリーというクローン羊が誕生したのは20年以上前だが,最近,中国では猿の皮膚から取り出した遺伝子を卵子に組み込んでクローン猿を誕生させたそうだ。生命科学はそこまで来ているのかと驚く。
猿と人の遺伝子を比べると,99%は一致するという話を聞いたことがある。僅か1%しか違わないのであればクローンザルを誕生させた技術を同じホモ属のホモサピエンスへ適用することはさほど難しくなさそうだ。
中には自分のクローンをつくって,自分の子供にしようと考える人もいるかも知れない。実現すれば遺伝的には全く同じ親子の出現だ。子供が大きくなって,えらいやつを子供にしたもんだと後悔するはめになっても後の祭りだったりして。
人工胎盤なんてのが出来れば,○○工場産のホモサピエンスということにもなりかねないしなあ。凄い時代になりつつある。
外は雪だ。ただ,先週のようなどか雪ではない。雪かきも殆どしなくて良さそうだ。それにしても今年は寒いなあ。

ゴリラも人間に近いらしい
SDIM4551.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猪八戒誕生? [シルバーウィングでGO]

豚の受精卵に人間の遺伝子を組み込んで豚の胎盤に戻し,人間の遺伝子をもった豚を誕生させる研究がスタートするそうだ。生まれた豚の内蔵などを取り出して人間に移植する事ができるようになるのではないかと期待されるようだ。
人間の遺伝子を組み込んで,どんな姿をした豚が生まれてくるのかわかるのだろうか。研究者は「大丈夫,人間ではなく豚です」と言うだろう。逆に考えてみる。もしも,人間の受精卵に豚の遺伝子を組み込んで生まれたら,人間と言うだろうか,豚だと言うだろうか。そもそも,遺伝子操作を施された動物がどんな体型で生まれてくるのか,私には想像もできない。
DNAのどこが何にかかわる遺伝子なにか分かっているだろうから,人間の遺伝子を組み込まれた豚は,たぶん豚の顔だろう。しかし,万が一,手足の一部や顔の一部が人間のような形で生まれてきたら,それは豚なのか人間なのか。猪八戒が生まれたらどうするかなあ。
SDIM4543.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジョーダン会総会Ⅲ [シルバーウィングでGO]

総会の後は,駅前で2次会だ。団員の殆どが参加している。ほかの団の人も一緒に席に座って,指揮者の先生を囲んで和気藹々とした雰囲気だ。たっぷり飲んだ後,ひとりが払う費用は僅か2千円。年金暮らしの懐に優しい宴会だ。
帰ろうとすると,指揮者の先生が手を振り上げる。突然のハーモニー。え!と驚く。店にはほかのお客さんも多い。はらはらしたが,クレームはなし。却って拍手が飛んできた。団員はこんな時にでも即席で合唱ができる力が備わっているわけだ。私にはとてもまねはできない。
駅のホームで電車を待つ。ここでも先生は最初の音を示して手を振り上げる。再び男声合唱団のハーモニーがホームに響きわたる。ホームを歩く人も,え!?という顔を向けてくる。もちろん私のしらない曲だ。驚きの連続だ。
さて,次の舞台は3月の公民館祭りだ。既にメールで曲目も連絡が来ている。また新しく一曲覚えなければならないようだ。変ホ長調から始まってハ長調,ヘ長調,変ホ長調で終わる。なんでこんなに転調したがるんだろうなあ。まあ,覚えるしかないなあ。

団長にCDを貸してもらった。みんな勉強しているんだなあ
P1060481.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジョーダン会総会Ⅱ [シルバーウィングでGO]

JORDAN会総会の第3部は懇親会と余興だ。各団が7つのテーブルに分散する立食式のパーティだ。アルコールが入って,違う団の人とも会話が弾む。私は始めての参加だが,隣り合わせた人と注ぎつ注がれつ楽しい時間を過ごす。
余興の順番は合唱の逆順だ。我が野田団は,野田音頭を歌う。歌うに際しては,はちまきを締めて盛り上げたいとのメールが来ていたので,懇親会が始まってすぐ多くの野田団員は鉢巻き姿だ。私も「祭」の赤い文字の入った鉢巻きで待機。手には,自作の桜並木・桜吹雪の団扇を用意した。
P1060500.JPG
「なんかいろいろ準備しているねえ」とほかの団の人からも声がかかる。
野田音頭は,団員のいろいろな持ち物,工夫でにぎやかな余興になった。やんやの喝采だ。
うん,合唱団に入ってまだ,2月弱だが,実に良い体験をさせてもらった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 シルバーウィングでGO ブログトップ