So-net無料ブログ作成
検索選択
シルバーウィングでGO ブログトップ
前の10件 | 次の10件

森村誠一・正義の証明 [シルバーウィングでGO]

P1060244.JPG
久しぶりに森村誠一の本を選んで読んでみた。前回読んだのが絆の証明という本だったが,今回手にしたのは正義の証明という,いわば証明シリーズの小説だ。
推理ものと言えばそうとも言えるだろうが,突如として鍵を握る人物が前面に出てくる展開が多く,謎を読者の推理だけで解き明かすことは不可能だ。
絆の証明でもそうだったが,この正義の証明でも主要な登場人物が,同じアパートの住人だったという偶然を中心に展開される。同じ作家だから書ぶりが同じようになるのは避けられないのかもしれないが,「焼き直し」の印象は否めない。
話は不条理から始まる。悪魔のガイドブックという本を読んだ少年たちが本に書かれてあることをそのまま実行し,一人の少女を歯牙にかける。加害少年たちは法に守られ,被害者の少女は自ら命を絶つ。
しばらくして,悪魔のガイドブックを出版した金山が謎の私刑人の標的になる。出版を取りやめ,被害者に謝罪しなければ実弾を撃ち込むと私刑人に脅迫される。金山は脅迫を恐れ私刑人の言いなりになる。
警察の面目は丸潰れだ。庶民は公法で動く警察ではなく,リンチによって正義を守ったとして私刑人に喝采を送った。この後も,非道を繰り返す裏社会や政治家と私刑人,警察,追うもの,追われるものが河合荘という粱山泊をめぐる話として展開する。
終わりは一変して,まるで修身の話のようだ。私刑人が改心して姿を現し警察に捕まる。淫らな遊びを繰り返し,ついには殺人まで犯した有力政治家の娘も人間の心を取り戻し一件落着というエンディングだ。そして,河合荘の住民が都会の中に散っていく。
極めて雑駁だが,正義の証明の粗筋だ。
さて,この小説で正義はどのように証明されたのか。実はよく分からない。めでたしめでたしのエンディングで正義が証明されたとは誰も思わないだろう。正義の証明の根幹が法であったり,警察権力であるという解釈もあり得ない。著者自身も正義はなによって守られ行われるべきか自問自答を繰り返しているのではあるまいか。ただし,この小説では河合荘という小さなコミュニティに正義を守ろうとする価値を見いだしたかったのかもしれない。

メロンパンに挑戦 [シルバーウィングでGO]

P1060239.JPG
食パンやブドウパンを焼いて焼きたてのパンのおいしさを知って,新たにメロンパンに挑戦することにした。今までは同じよう作ればよかったが,今度はクッキー生地を作ってパン生地の上に載せて焼くのだそうだ。
そのクッキー生地の材料を見てびっくり。バターや砂糖がやたらに多い。メロンパンはかなり高カロリーになることが分かった。我が山の神は「美味しいもはカロリーが高いよ,ケーキなんか凄いから。メロンパンも菓子パンダからね」と言う。高カロリーは気にはなるがとにかくやってみるしかない。
やるのはやるが,クッキーづくりのノウハウは我が山の神に聞かないと分からないこともある。だから,我が山の神が家にいる時間帯に作ることにした。
まず,クッキー生地を準備した。最初はバターを練る作業。常温にしたバターを練るのだが少し堅いのでうまく練れない。我が山の神がお湯を用意してくれたので,入れ物のボールの底を数秒お湯につけると直ぐにバターが柔らかくなった。砂糖を練り込み香り付けをし,薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ込んでクッキー生地を団子状態にまとめ上げた。平たくして冷蔵庫に寝かせる。
この後パン生地を作りパン焼き機に入れ,クッキー生地をパン生地の上に載せて焼き上がるのを待った。
我が山の神は昼食はメロンパンにしようと言ったが,私は焼き上がりがちょっと不安だった。万が一のことを考えて,予定通りの焼きそばを頼んだ。
11時45分,メロンパンが焼き上がった。恐る恐る取り出して少し冷まし,パン切りナイフを入れるときれいに切り分けられた。匂いも芳しい。
我が山の神が焼きそばを作っている間に一切れ口に入れると,さくっ,ふわっという口当たりとともに,甘い味わいが口いっぱいに広がった。やった,なんとかメロンパン挑戦に成功した。ただし,高カロリーのようだから,食べるのは1枚にしておこう。
P1060243.JPG

合唱講座 [シルバーウィングでGO]

5月に入ってすぐ,我が山の神がこんなものがあるよと,合唱講座の申込書を見せてくれた。
我が山の神はある合唱サークルに入っているが,サークルとは別に声の出し方など合唱についての基本的なことを指導してくれる講座があるそうでそこに通っていた。それがひと通り終わり,次の講座が始まるという話だった。
すぐに「行く」と返事をした。声を出すことで呼吸する肺の機能も高められるかもしれない。精一杯声を出すことは健康にも良さそうだ。それに,オカリナの会を辞めざるを得なくなり,目標がなくなっていたこともあった。
この講座がいよいよ今日から始まった。一緒に出かけてくれる我が山の神が頼りだが,公民館に入るときはちょっと緊張した。
合唱講座の先生は30代の男性だ。我が山の神の資料を見せてもらったが,かなり優秀な指導者らしい。ほかに,ピアノを担当する音大出身のスタッフもいた。ピアノの担当ではあるが本職はソプラノ歌手だ。
驚いたことに,我が山の神のサークルの先生もこの合唱講座の会場にいた。この先生は,去年通った歌謡教室の先生でもあって,我が山の神に私にも声をかけたらと言ってくださったらしい。私よりもずっと年上だが,これだけの実績がありながら未だに学ぼうとするその姿勢,見上げたものである。
さて,講座に参加する人は,あちこちの合唱サークルに参加している人たちだろうから,高校以来半世紀ぶりに合唱に取り組む私はちょっと戸惑うかもしれない。
講座はぴったり1時に始まった。頂いた楽譜は,5月までの講座でも使っていたのもらしい。殆どの人は既に覚えている曲のようだが私には初めての曲だ。音譜を追いかけるのに忙しくて苦労した。音譜は少し読めるが,今まではト音記号ばかりだった。ヘ音記号はお手上げだ。それでも何とか声を出し続けた。
先生は声楽家ではないとおっしゃったが,実に様々な発声法をして聞かせてくれた。実は,先生の指導内容の半分も理解出来なかったが,歌声は声帯と,喉の筋肉と,口腔,体幹と(筋肉)でつくり出すものだという実演には,なるほどと合点した。
それにしても1時から4時まで殆ど三時間,たっぷりと鍛えていただいた。おかげで,喉はかなりかすれてしまった。ただし,こういう訓練は呼吸器系,循環系の鍛錬にもなり,心身の健康にかなり良さそうだ。
うん,講座はあと9回ある。出来るだけ続けようと思っている。
P1060238.JPG

パロディ・生きる [シルバーウィングでGO]

政治家・官僚が生きるということ

それは しらを切ること
 
しらを切り通すこと

あるものをないと言うこと

白を黒と言うこと

人をだますということ

人を貶めるということ

正しいことに背くこと そして

国民の願いに背を向けること

脅し

すかし

うそぶき

せせら笑う


官僚という言葉から受ける印象は一様ではない。四角四面の役人というイメージが強い。それに高級という冠がつくと,ひどいときには権力者の走狗というイメージだ。
各省庁で仕事をするいわゆる官僚が本当の走狗だとは思いたくないが,文科省にしても財務省にしても最近の官僚は自分の言葉で話しをしていないようだ。走狗ではないかもしれないが,政治家の手下(てか)になっていると思えなくもない。出世のためには滅私奉公するしかないと心得ているのだろうなあ。

墨をつけたような葉の模様 汚点ではあるまいなあ
SDIM5462.JPG

放置自転車 [シルバーウィングでGO]

先週,ゴミ捨てにいくと路上に自転車があった。しっかりした自転車で,鍵もついたままだ。誰かがほんのわずかな時間というつもりで置いたのかもしれない。
ゴミ集積所から戻るときもまだあった。数分しかたっていないがまさか放置自転車ではあるまいなあと疑念がわいた。自転車には駐輪場のものと思われるラベルついていたので,念のために持っていたカメラで写真を撮影しておいた。駐輪場に連絡しようかとも思ったが,少し様子を見ることにした。
今朝,ゴミ捨てにいくとその自転車がまだそこにあった。どうやら誰かが誰かの自転車を無断で使って,自分の家の近くまで乗ってきて放置したのだろう。盗んだ人間は気軽な気持ちなのかもしれないが,盗られた人はたまったものではない。
自宅に帰ってラベルに記載されていると思われる駐輪場の電話番号を調べて連絡すると,間違いなくその駐輪場と契約している自転車だそうだ。
9時過ぎに持ち主から電話があり,いったん私の自宅に保管しておき,近くの和風レストランまで取りに来ていただいた。
なお,いわゆる自転車盗は,窃盗と比べると刑罰がかなり軽いそうだ。そんなことも,自転車盗が減らない理由なのかもしれないなあ。ただし,盗られたご本人は施錠していなかったと反省していたが,今回盗られた場所は駐輪場の中だそうだ。この場合は完全に窃盗事件だろう。捕まったら罪は重い。
何はともあれ,いったん盗られたものがご本人に戻ることになってよかった。

P1060234.JPG

地球温暖化とトランプ [シルバーウィングでGO]

地質時代的に地球を見ると現在は間氷期だそうだ。世界にはあちこちにまだ氷河が残っていて,気温的には温暖化の時期だという考えだそうだ。ところが,近年の温暖化は,人間の活動が地球の温暖化に影響を与えているとしか考えられない急激な変化だそうだ。
子供の頃は岩手県の三陸でも根雪があったが今はない。四十数年前に埼玉に住むようになったころ,夏でも30度を超えることはそれほど多くなかった。過去十年を見ると,35度を超える日も珍しくなくなった。8月の最高気温を見ると,1978年から1987年までの8月の猛暑日数は,それぞれ3,0,0,0,0,3,1,0,0,0だった。それが,2007年から2016年までの8月の猛暑日数は,それぞれ11,0,4,19,9,12,9,10,7,4となっている。特に2010年の猛暑はもの凄く,30度未満がたったの3日だけだった。半世紀ほどで感じられるこれだけの気候変動は確かに異常だ。
その主な原因は人間が活動をしたことによる二酸化炭素の排出だそうだ。産業革命で人間のエネルギー消費量は格段に増えた。また,第一次,第二次世界大戦を経て,アメリカは世界中で最も繁栄する国家となり,その繁栄を支えたのが石炭や石油など化石燃料だ。
鉄は国家なりの名言があるが,鉄の製造には莫大な石炭が使われる。蒸気機関車でも大量の石炭を消費し,発電でも莫大な石炭を消費した。地下に保存されてきた二酸化炭素が一気に放出された。科学的に見て,近年の地球の温暖化は二酸化炭素の排出以外には説明がつかないそうだ。世界中の科学者の共通理解・共通認識と言っていい。
その共通認識をトランプは理解していない。理解出来ないのか,理解しようとしないのかわからないが,世界中の政治家や科学者が,二酸化炭素の放出削減が必要だと言っているのに,その事実から目を背けているのがトランプだ。トランプはパリ協定はやめるんだそうだ。アメリカは再び重厚長大産業に戻って世界の技術革新から遅れていくのだろうなあ。トランプのおかげでラストベルトが更に広がる結果になるだろう。皮肉な話だ。ただし,アメリカの一部で独自にパリ協定を守っていくと宣言した州や都市があるそうだ。これもまたアメリカらしい。
後の歴史学者たちはトランプにどんな評価を下すだろうか。

ツバメの初見日もだんだん早くなっている気がする
IMG_4504.JPG

AIが怖い [シルバーウィングでGO]

新聞の声欄にAIが怖いという投稿があった。仕事が奪われるのではと心配だそうだ。
AIの最近話題になったのは囲碁や将棋だ。googleが開発したアルファ碁は,世界最高峰の棋士を次々と破った実績から,既に人間の能力を超えてしまったと結論づけて良さそうだ。囲碁とならぶ将棋はもっと前からプロ棋士を破っている。
さて,囲碁にしろ将棋にしろ,一般人は到底たどり着けない専門性の高い領分だ。そこから推し量ると,専門性が高ければ高いほどAIの真価が発揮されるのではないかということだ。
専門性が高い職業といえばまず医師を思い浮かべる。AIによる問診プログラムはたぶん可能だろう。そうすると,問診結果からどんな検査が必要か判断するのはそれほど難しくはなさそうだ。すると,検査ロボットが次々と必要な検査を実施してくれるだろう。検査結果から医師ソフトが総合的に判断して必要な医療行為のリストも表示してくれるだろう。こういうシステムが出来ると,最初は医師の仕事のアシスタントとして動かすだろうが,日本医師会は反対するだろうなあ。
弁護士はどうだろう。膨大な法律と過去の判例をデータベースにして,現実に起こっている訴訟に当てはめるのは,たぶん今の技術ならそれほど難しくはない。依頼者から聞き取りをし,証拠を基にして勝訴の確率や,敗訴した場合の負担などを教えてくれるだろう。もしかして,既に実用化していたりして。まさかなあ。
その他,飛行機の操縦士,船長など専門性の高い職業は将来ロボットが進出する領分だろう。建築や土木の分野にも進出するかもしれない。
教師はどうだろう。教師も専門性が高い職業だ。しかし,教師という職業には幅広い「常識」が必要だ。教え子の言葉遣いの変化や,いつもと違う表情から,子供になにがあったか考えを巡らせなければならない。子供同士の関わりを観察しながら必要な助言もするだろう。分かっているのに分かっていない振りをする子供の心理を分析したり,教師に同調したり反発したりする態度から必要な指導もするだろう。テストの採点や分析はロボットの方が有利だろうが,たとえば,隣の生徒と全く同じ解答だったり,微妙な間違いや正答,誤答に考えを巡らせなければならないこともあるだろう。
常識や人の心理などが分かるロボットが教師に取って代わる時代はもっとずっと遠い未来のことだろうなあ。
なお,AIは音楽の世界や文学の世界,もしかすると絵画などの芸術分野にまでその活用が研究されるだろうが,人間の脳の複雑な思考回路や直感力を解き明かすまでにはまだまだ時間がかかる気がする。

羽の幅が1ミリほどのフライ。
IMG_6408.JPG
こういう虫の脳とも言えない小さな神経ですらその仕組みと働きを解明出来ていないはずだ。人間の脳の解明ははるかに先のことだろう。

イギリスのテロ [シルバーウィングでGO]

先月,イギリスでテロが発生し子供を含む22人の若者の命が奪われた。先週も橋の上で暴走する車の被害に遭った人が何人も出た。これもテロらしい。
いずれの事件もISが犯行声明を出したそうだが,これでイギリスがISに対しての攻撃の手をゆるめることはないだろう。むしろ,軍事的オプションは今まで以上に,厳しい攻撃手段になるだろう。
テロのねらいは,イギリス国内の混乱と分断だ。政局を混乱させられれば多少なりとも時間稼ぎができると思ったのだろう。選挙でメイ首相主導の政治が潰れるとは思えないが。
さて,ISのテロは自爆にしても車の暴走にしても自殺行為だ。そんなことをするのもさせるのも今の我々には信じがたい行動だが,考えて見れば自爆の元祖は日本の軍隊だった。ISを野蛮だ,愚かだと笑えない。

クモが新しい巣作りに取りかかっている。じっと糸にぶら下がり,吐き出した糸を風に漂わせている。
微かにその糸が見える。
IMG_6462.JPG

高等教育の無償化 [シルバーウィングでGO]

憲法には義務教育は無償だと書いてある。入学金や授業料は不要だと理解されてきた。教科書の無償化は憲法で決まっているのではなく法律で決まっている。
その無償化を安倍自民党は高等教育にも持ち込む考えらしい。しかも,聞こえの良さそうなこの話を憲法に書き込みたいそうだ。
高等教育というと大学とか大学院などだが,この授業料を全て無償化するには巨額の税金が使われることになる。雑駁だが国公立大学の在学者を80万人,私立大学在学者を200万人と仮定し,必要授業料を推計してみた。国公立大学の授業料を年間50万円,私立大学のそれを倍の100万円とする。
50万×80万人+100万×200万=4千億+2兆
ヒェー。2兆4千億円。いや,これだけじゃあないはずだ。新入生には入学金もある。年間授業料の半分としてみる。25万×20万と50万×50万も足さなければならない。五百億円と2千五百億円を足すと,2兆七千億という途方もない金額になる。たぶん,これでもかなり内輪の計算だろう。
この金を一体どこから工面しようと言うのだろう。もうこれ以上の国債の発行は出来ないから,当然増税しなければならない。老若男女,全ての課税対象者から年に3万円ずつ徴収しなければならなくなる。
大きな問題もある。高等教育を受ける人は全体の半分ちょっとだ。4割以上の人は高等教育機関には入らない。こういう人は,無償化の恩恵を受けられないわけだ。同じ国民でありながら,国から受けられる恩恵に差を付けられるのでは,気分がいいはずはない。しかも,若くして働きながら高等教育を受ける人の税金まで負担する。さらに,高等教育を受けた人はその後のキャリアもに恵まれるだろう。
政権は,経済的理由で高等教育を受けられない人をなくしたいという理由を掲げるだろ。しかし,全部を無償化するのではなく,高等教育を受ける能力があるにも関わらず経済的理由で授業料等の支払いが困難な人のための,返済義務のない手厚い奨学制度を設ければいいはずだ。大学をレジャー施設だと思っている若者の授業料まで面倒を見てやる必要はないと思うがなあ。
さて,ここまで書いてきて気づいた。そんなこと,政権は百も承知だと言うことだ。狙いは,憲法9条を書き換えることだ。教育の無償化とセットなら,国民は反対しないだろうと計算したとしか思えない。要するに,国民は目の前に人参をぶら下げられた馬だと思われているということらしい。

ヒマワリの葉の上になにやらふわふわした直径2・3ミリの小さなボールが載っている。タンポポなどの種が絡まって丸くなったものらしいが,高等教育の研究対象ではなさそうだなあ。
IMG_6398.JPG

1分で完売 [シルバーウィングでGO]

これはもう先日の話しだ。柳家小三治独演会が松戸で開かれるので,そのチケットを買おうと思い,10時10分前にパソコンを立ち上げ,チケットピアのサイトにつないだ。
10時から販売するので,出来るだけ早く手続きをしようと時計の秒のカウントをにらむ。ぴったり10時になった。クリック,ところがアクセスが集中したらしく受け付けてくれない。一分後やっと,画面が動いたかと思うと,既に完売のメッセージ。
あちゃー。私のクリックが何分の一か遅かったのだろうか。それにしても,比喩的ではないあっという間の完売。どうなっているのだろう。
まず,チケットに割り当てられたチケット数がどれだけなのか。いくらネットでの販売がコンピューターで捌かれるとしても,数百も販売するにはそれなりの時間がかかるはずだがなあ。いやいや,買えなかった者の愚痴だなあ。
こういう,早い者勝ちの販売方法だと,様々な問題も発生するだろう。その最たる問題は,チケットの横流しだ。一人で多くのチケットを手に入れて,価格の数倍で売りさばき,濡れ手に粟をつけようという輩だ。人気コンサートなどのチケットでよく報道されている。
このような問題を避ける方法として,抽選という方法を考えるべきだと思うがいかがだろうか。
事前にネットで申し込みを受け付け,あとで抽選するという方法だ。抽選は簡単だ。パソコンを使えば素人の私でも瞬時に終わらせられる。パソコンから,当選者にメールで通知するのに手間はかからない。それも,安物のパソコンがあれば素人でも出来そうな仕事だろう。
まあなあ。売り手として,今の方法で困っていないとすれば,よけいなコストをかけたくはないかもしれないなあ。
kosanji1.jpg


もうゴーヤーの花が咲いた
IMG_6388.JPG
前の10件 | 次の10件 シルバーウィングでGO ブログトップ