So-net無料ブログ作成

介護支援ボランティア [シルバーウィングでGO]

近くのデイサービスセンターに出かけた。いや,私がサービスを受けるのではなく,そこでお手伝いをするためだ。介護支援ボランティアというそれらしいネームプレートを首からぶら下げて,サービスセンターの職員の指示を受けてお手伝いをする。
仕事の中心はお風呂からあがった方の濡れた髪をドライヤーで乾かすことだ。
待っていると,次から次と高齢女性がお風呂から出てくる。いすに座ってもらい,ドライヤーで濡れた髪の毛を乾かしていく。ドライヤーは自宅で使っているものより大きく強力だから,50センチぐらい離したところから,できるだけ熱くならないように気をつけながら乾かす。自分の頭を乾かすときは自分の頭や手で熱風を感じながらできるが,他人の髪の毛を乾かすのは初めてだ。もしかすると,もたもた感があったかもしれないが,みなさん穏やかな表情を崩すことはなかった。
ドライヤーの仕事が一息ついたときは,テーブルの上のカップを見て歩いて,足りなければ勧めたり,冷たくなっていれば入れ替えるなどした。その際,介護を受けている方と短い会話をすることもあった。
介護支援ボランティアはまだ始めたばかりだ。子供の頃,我がお袋様からよく言われたっけ,役には立たなくていいから,じゃまにはなるなって。いろいろ分からないこともあるだろうと思うが,じゃまにならないようほんの少しお役に立てれば,と思う。

デイサービスって和製英語なんだ
DPP_8032.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。