So-net無料ブログ作成

重力8万分の1 [シルバーウィングでGO]

はやぶさ2が小惑星リュウグウに着陸したそうだ。着陸と言うからかなりのエネルギーを使うかと考えたが,リュウグウの大きさがどれぐらいかで必用なエネルギーが変わるわけだ。小惑星の質量で重力が変わるからだ。調べてみるとリュウグウの重力は,地球の8万分の1だそうだ。80tが1kgになっちゃう世界は,無重力に近いのではあるまいか。はやぶさ2の重さは600kgだそうだから,その8万分の1は7.5gと言うわけか。すると,着陸に使うエネルギーは極めて僅かで済むということだろうか。いやいや,ものを動かすときや止めるときは物質の慣性惰性を制御する必用があるのでもっとエネルギーは必要かもしれない。中学高校の理科や物理をもっとまともに勉強しておけばよかった。
ええと,小惑星の名前が「リュウグウ」だそうだから発見者は日本人だろう。宇宙の中の大きな望遠鏡でも点にしか見えないような星屑に,人間が深い海の底にあると想像した竜宮の名前を付けた科学者はずいぶんなロマンチストらしい。
前回のはやぶさの時は,宇宙で迷子になるなど地球までの道のりはドラマチックで日本人の心を揺さぶった。今回はどんな展開で,どんな驚きを見せてくれるかはやぶさ2の今後が楽しみだ。

あ,これはハヤブサじゃないオオタカだ
IMG_0565.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。