So-net無料ブログ作成

基本的な技術の学び直しを [シルバーウィングでGO]

一昨日の研修会で来年から新しい学習指導要領での勉強が始まるって言ってた。
いくつか目新しい柱があるっていう話だ。しかし,新しいことにばかり目を奪われて,本当に大切なことを忘れないようにしてもらいたいもんだ。
学校の先生は「思考力」という言葉が好きみたいだ。たとえば算数,確かに算数の問題は考える力が必要だ。でも,考えたり,解いたりするためには道具となるいろいろな知識や技術が必要だ。小学校で最低必要な技術は,足し算と引き算,それにかけ算九九じゃないかなあ。これだけは,自由に扱えなくてはなかなか先に進めないだろう。
アシスタントをやっていて,この最も根っこの技術が不十分な子供が少なくないことに気づく。
昔は算数のことを算術といった時期がある。低学年が勉強しているのがこの算術だと言っていい。そして,算術はあまり考えて使うものではない。かけ算九九の仕組みは考えてもいいが,九九は完全に暗記しなければ使い物にはならない。はっきり言えば,かけ算九九は思考を排除して覚える学習だ。考えて身につけるものではない。足し算,引き算も同じように「足し算九九」「引き算九九」的にとにかく瞬発力として身につけるべき勉強のような気がする。足し算引き算で指を使っているようでは使い物にはならない。
その技術を身につけられる時間は,子供によって違うかもしれない。だから,2年生でかけ算九九が覚えきれなかったら,3年生で学び直せる仕組みがあればいい。何年生になっても,基本的な技術は学び直しができる仕組みができれば,後になって考える勉強にも取り組めるはずだ。学年を全部取っ払えとは言わないが,いつでも勉強し直せる仕組みがあったらと思うがなあ。

誰かが捨てた球根から綺麗な花が咲いている
IMG_9933.JPG
nice!(1)  コメント(1)