So-net無料ブログ作成

切り札はトランプか [シルバーウィングでGO]

トランプ大統領が板門店で金正恩と会談したそうだ。これで3回目だ。トランプ大統領は2年前までは北朝鮮が盛んにミサイル実験を繰り返したが,自分が大統領になってからICBMの実験はなくなったと,北の変化は自分の成果だと主張しているようだ。
たしかに,そう言われればトランプが力で北の発射を抑制させたと言えるかもしれない。まさか,本気でノーベル賞を受賞するつもりではないだろうが。推薦状を贈った安倍首相も,目をぱちくりさせているだろう。
安倍首相は,北に対しては,話し合いのための話し合いは無意味だ。とにかく圧力あるのみと言う態度だった。ところが,トランプ大統領が話し合いに積極的になると,金正恩との会談のサークルから一人安倍首相だけが取り残される形になった。それで,圧力の話しはどこへやら,直接向き合うと言いだした。果たして金正恩が相手にしてくれるかどうか。猪木議員も引退し,北とのパイプが細い安倍首相はどうするつもりだろう。切り札はトランプか?

よく雨が降る
IMG_0740.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小室圭さん問題 [シルバーウィングでGO]

私の口出しする話題ではないと思うが,どうにも若いお二人が不憫でならない。昔から「人の恋路を邪魔するやつは馬に蹴られて・・・・」と言われる。秋篠宮様が蹴られたら大変だが。
外野席からは「小室圭さんはなにもせずにアメリカに留学してしまった」と非難の声が聞こえる。しかし私は「小室さんは問題を解決するために留学した」と思っている。
「小室さんはまだ生業についていない」と結婚を危ぶむ人がいる。その生業につくために留学という選択をしたのだと思う。
「結婚するなら問題を解決してから」と借金問題を解決してからと小室さんの姿勢を非難する人もいるが,借金問題は母親の問題だそうだから,小室圭さんが直接解決すべき問題ではない。ただし,母親の借金は小室圭さんにもかかわるもので,全く無関係ではないかもしれないから,いずれ小室圭さんが生業に就いたら母に代わって問題解決に立ち会う場面もあるかもしれない。ただし,基本的には母親の問題だ。
さて,真子様の方だ。真子様にはときに心細くなることがおありかと思うが,未来の配偶者を信じて,じっくりと待たれたらいかがだろう。皇室典範によれば,真子様のお立場では結婚に際して皇室会議の議決を要しない。お二人が万難を排して御結婚されるときは国民がこぞってお祝いするだろう。

歌の文句に「窓の月さえにくらしい」というのがあったっけ
DPP_8068.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俳句 [シルバーウィングでGO]

夕方の7時はたいていNHKのニュースを見るが,最近,木曜日だけは6チャンネルの「プレバト」という番組を見るようになった。芸人たちが俳句や水彩画にまじめに取り組み,出来映えもはっきり言って私から見れば専門家と思えるほどの素晴らしさだ。
特に興味深いのが俳句だ。まず,言葉をたくさん知っていることが句作者の必要な資質らしい。それだけではなく言葉を厳選する感覚がなければならない。もちろん知識として季語を知っていることは最低条件だ。
それを芸人さんが見事にやってのけている。私の趣味のひとつである写真は,どちらかと言えば被写体の引き算が必用だが,俳句はそれ以上に言葉を最低限に抑える文学らしい。
この番組の評価者・添削者である夏井いつき先生の添削を拝見すると,まるでこれ以外の言葉の選び方がないかのように錯覚してしまう。それほど評価・添削が見事だ。
私にも俳句が作れるかと,一句ひねろうとするが,素人の悲しさ,言葉を五七五のリズムに乗せるのが大変だ。何とか乗っても季語がない。最近は季語のない自由な俳句もあるようだが。やっぱり,短い言葉の中に季語を含ませるのが俳句だ。季語はその選び方ひとつでも俳句の善し悪しが変わるらしい。
駄弁は不要だ。とにかく,私に俳句作りは無理だということだ。
ではあるが,見ていてなるほどと思うところもあるから,いつか俳句もどきの17文字がつなげられるかもしれない。無理かなぁ。

ラズベリー ジャムのラベルは 山の神
DPP_8066.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安保条約破棄 [シルバーウィングでGO]

トランプ大統領が日米安保条約の破棄に触れたそうだ。有事の際アメリカは日本を守る義務があるが,日本はアメリカを守る義務はないという片務契約を問題視しているそうだ。しかし,思い起こして欲しい。好戦的で危ない日本には軍隊は持たせられないと考え,憲法9条を残してくれたのはアメリカだった。片務契約はアメリカ自身の望みだったわけだ。
日本としては自国を守るためには,やむを得ないながら防衛力は必要だ。だから,日本は日米安保条約で防衛力を確保している。
しかし,日米安保条約は日本を守るためにだけにあるのではない。より大きな目的はアメリカ自身の安全とアジアでの権益を守るために日本にアメリカ軍を常駐させることだ。もしも日米安保条約を破棄してアメリカ軍が撤退すれば,アジアにおけるアメリカの力は衰え,相対的にロシアや中国の力が増すことになるだろう。もしかすると,北方領土返還のハードルも低くなる可能性がある。当然,アメリカの鎧に代わる自衛隊の本格的軍隊化も進むだろう。そのための憲法改正はむしろ安倍晋三首相の望むところだ。今の内に,令和になった今こそと声を張り上げるだろう。
戦争のない時代としての天皇を務め終えた平成天皇・現上皇陛下はどんな思いでトランプの言葉をお聞きになられているだろうか。

新聞から
P1070731.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘイト禁止条例 [シルバーウィングでGO]

国のヘイトスピーチ対策法には,罰則規定がない。そこで川崎市では,ヘイトスピーチ対策を実効ある制度にすべく刑事罰付きのヘイト禁止条例を作るのだそうだ。違反を3回重ねた場合50万円以下の罰金に科すという規定だ。川崎市の断固とした姿勢に拍手を送りたい。
大体にして,国のヘイト対策法の正式名称を読んだとき,「なんだこりゃ」と思ったもんだ。「本邦外出身者・・・※」。何の法律かぱっと見て分かりにくい。
ヘイトスピーチは事実上朝鮮人の人たちに向けられ,憎しみを煽り立てる街宣活動が多い。戦時中,無理矢理「日本臣民」にされて労働力として日本に拉致されてきた彼らとその子らに,「帰れ・出て行け」呼ばわりする本邦出身のノータリンが情けない。
さて,突然卓球の話だ。日本では新星が登場し,テレビでも度々取りあげられるようになってきた。その新星の一人が若きエース,張本智和選手だ。通っている卓球教室でも話題になった。誰かが張本選手をすごいと言うと,ある人が「すごいけど日本人じゃないね」と言う。張本選手のご両親が中国のご出身だから張本選手は日本人ではないと言いたかったようだ。
その声に違和感を抱いた誰かが「国民栄誉賞の王貞治は?」ときいた。ある人は黙ったままだった。
なお,日本国内で生を受けて育った張本智和選手は間違いなく日本人だ。先だって,NBAに入った八村塁選手も間違いなく日本人だし,男子100メートル走日本記録保持者のサニブラウンも同じだ。もちろん日本で生活していても,母国を誇りに生きている人達もいる。プロ野球で同じ張本姓の張本勲は韓国籍だったような。
ヘイトスピーチを恥ずかしいとも思わないノータリンたちは彼らのことを「本邦外出身者」と見ているかもしれない。(川崎市から八村塁まで,いつもながら話しにとりとめがない)

※本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律
長すぎる!!

P1070728.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハラスメント禁止条約採択へ [シルバーウィングでGO]

へー!という話だ。ILOで,ハラスメント禁止条約採択の話が進んでいるそうだ。我が国もこのハラスメント条約には賛成しているとの報道だが,締結のためには国内法を整備する必要があって,それが今後の課題だそうだ。そんな良いニュースの次の日の新聞に,ある学校法人のパワハラ疑惑の記事だ。職員18人は研修に参加させられ,その研修の中で参加者は「腐ったミカンなどと退職を強要するようなことを外部の講師に言われていたということだ。外部講師は学院と話す内容を精査していたそうだから,学院が言いたいことを外部講師に話させたというわけだろう。
学院側は研修参加者から参加してよかったなどの話があったとして,研修そのものに違法性はないと言っているようだが,退職を強要したのであれば労基法違反だ。
企業によっては,「何とか部屋」と名付けた部屋に退職させたい人を集め,毎日無駄な作業を強いて,精神的に退職に追い込むことが行われてきた。以前,ある会社の不当労働行為でシュレッダー係に転配された男性のことがテレビで取り上げられたことがあった。
日本にもパワハラ防止法はあるが,企業に課されているのは努力義務だけだ。禁止規定,罰則規定はない。
そのような,違法なパワーハラスメントを禁じる条約なら,早いところ実現して欲しいものだ。
P1070726.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり金目ですか [シルバーウィングでGO]

イージス・アショアの設置を巡って,秋田県の新屋演習場への設置計画について,防衛省のデータミスが発覚し秋田県知事初め現地から総反発を食らっている。山の高さを実際より高く見せて,新屋以外は条件に合わないかのように虚偽の説明をしたので,初めから新屋ありきだったのではないかと疑われる羽目になっているわけだ。いや,疑いと言うより誰も気がつかなければそのままやるつもりだったと言われてもしょうがない。
そんな現地の住民感情を変えようと言うのだろうか,防衛省から設置自治体に対して交付金を出したらどうかという案が出ているそうだ。原発や飛行場などの設置で迷惑をかけているからという理由と同じように金を出すわけだが,結局自治体は金目の誘惑に勝てないのだろうか。
でもよく考えてみると,自治体は交付金で多少は潤うかもしれないが,秋田市民など周辺の住民の懐は直接的には暖かくはならない。
危険性を気にして人口減少傾向に拍車がかかり,周辺の地価に悪影響が及ぶ場合,自治体が潤っても住民にとってはデメリットだけになってしまう。これでは,気持ちが受け入れに向かうことはないだろう。
イージス・アショアについて金目がものをいう可能性は低い。でもなあ,人間,札束で顔を張られると弱いからなあ。
P1070725.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逃走のいきさつは警察検察があほやから [シルバーウィングでGO]

今朝のニュースで,逃走中の小林誠が捕まったそうだ。何とも人騒がせな話だった。
新聞によれば小林誠の実刑が確定したので検察は小林誠に対して文書や電話で「出頭を要請」していたそうだ。要請は4ヶ月間断られ続けた!という。このニュースを読んでおかしさを感じない人はどうかしている。検察は小林誠に対して「出頭命令」を出さなければならないはずだ。命令を出したら即座に拘束して収監しなければならない。それを「出てきてください」なんて「要請」するのがおかしい。刑が確定したのが2月,逃げられるまで検察はなにをしていたのか,どんな言い訳も通用しない。検察を給料泥棒・税金ドロボウの罪でとっつかまえたいくらいだ。
新聞では,刑が確定していながら行方の分からない「とん刑者」(この言葉も初めて知った)は12月時点で26人もいたそうだ。無辜の人を長期間牢獄に送り込んでいるかと思えば有罪確定者を野放しにしている。いったい,この国は法治国家としてまともに機能しているとは思えない。
何はともあれ捕まってよかった。警察検察はこれから小林誠容疑者逃走の経緯を調べることになるそうだが,もうそれは分かっている。「警察検察があほやから」に決まっている。
P1070722.JPG

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公民館講座 [シルバーウィングでGO]

自然科学系ライターの岩槻秀明先生を講師に,毎年地域の自然散策の公民館講座が開かれる。今年も応募していろいろと珍しい話をうかがっている。
NHKのチコちゃんにしかられるで,四つ葉のクローバ探し競争で非常に早く見つける人を紹介していたが,岩槻先生も驚くほどの特異能力を持った方だと思った。講座に参加した人が探してもなかなか見つからないのに,岩槻先生は次々と四つ葉のクローバを探し出す。四つ葉どころか五つ葉のクローバまで見つけだした。それも,ひとつだけでなく,いくつも見つけだした。
岩槻先生は歩きながら珍しい虫や植物をよく見つけて紹介してくれる。受講者も気をつけてはいるが見つけだすのは岩槻先生の方がずっと早い。
興味深かった話のひとつが,セイタカアワダチソウの話だ。セイタカアワダチソウは根からほかの植物を生長させない除草剤のような物質を出して,自分の仲間だけ増やしていくんだそうだ。また,畑の中にスギナだらけのところがあって,それは除草剤のためだという解説だった。除草剤をまくとそれに弱い植物は育たないが,除草剤がスギナには効かなかったので,除草剤をまけばまくほどスギナがはびこるという現象が起こるのだそうだ。

IMG_0739.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車のライト購入 [シルバーウィングでGO]

先日,無灯火の自転車が79歳の歩行者にぶつかり,死亡させてしまったというニュースが流れた。自転車とは言えまともにぶつかられては怪我もするだろう。打ち所が悪ければ今回のような最悪の結果になってもおかしくない。自転車に乗っていた高校生が保険入っていなかったとすれば,その保護者も含め人生設計はグチャグチャに破壊されるだろう。被害者も加害者もどっちも気の毒にと言うしか無い。
私も自転車にはよく乗る。だたし,夜間に走ることは殆どない。特に夏の間は遅くまで明るいのでライトはつけなくて済む。ただし,暗いところで乗ることが皆無と言うわけではない。碁会所帰りに土手の上などを走るときは街灯がないので無灯火だと殆ど見えない。そんなときは懐中電灯を手にして自転車灯代わりにしていたが,やっぱり不安定になる。それで,自転車専用のライトを購入することにした。
以前使っていたのは乾電池式だったが今回は充電池式にしてみた。なぜか最近はUSB充電が多いらしい。注文するとすぐに届いた。説明書もろくに確かめないで充電し点灯してみるとこれが非常に明るい。まるで小さなオートバイのライトのようだ。ただし,明るい分点灯時間は短くなるようだ。まあ,6時間も点灯してくれるのであれば困ることはないだろう。うん,使う機会は少ないかもしれないがこれで一安心だ。

LED化され,とても小さくいがとても明るい
P1070717.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

理系と文系 [シルバーウィングでGO]

世の中,自分は文系とか理系と考える人が多いようだ。つまり,数学や物理化学などの分野が得意な人と,歴史地理文学などが得意な人がいるわけだ。
それが正しいなら,脳みその造りもきっと違うだろう。生まれつきだとすると,もしかすると遺伝するかもしれない。しかし,頭の中が違うという話を聞いたことはない。
実は,人間の頭脳を理系文系と分けるのにはあまり意味がないと思っている。主に,理数系に長く取り組んだ人は理数分野に高い能力を身につけるのは当たり前の話で,同じ人が文系に精を出したら,きっと文系でも高い能力を発揮できるようになると思っている。その逆もまた真なりだ。
余談だが,運動系や芸術系は生まれつきの肉体や感受性に努力では埋められない差があり,所謂,才能と呼ばれる資質に左右されるようだ。囲碁の井山裕太,将棋の羽生善治などの活躍を見ると,生まれつきの資質を否定出来そうにない。
私も碁を打つが師匠の親爺様がもう少し囲碁を基礎からしっかり教えてくれたら,今頃もう少しまともな囲碁が打てただろうと思うが,いまだに基本的に石取り碁のままだ。まあ,元が元だけに,教えてもらっただけで有り難いと思わなければならないか。蛇足だった。

眠り薬
P1070716.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

火のないところにも煙がたつ [シルバーウィングでGO]

デマでよく知られているのは,もう百年ぐらい前の関東大震災のときに発生した朝鮮人等大虐殺事件だ。朝鮮人が放火したり井戸に毒を投げ入れたりしたというデマにのせられて軍隊まででて,朝鮮人や中国人を虐殺したという我が国の恥ずべき歴史の真実だ。
さて,虐殺には至らないが警察も学校もデマに踊らされたというニュースだ。
服役を終えて出所した男が無差別に人を殺すという作り話がツイッターに拡散し,その男が出所直後から刑事に取り囲まれながら歩く映像がテレビに映し出された。普通なら人権侵害も甚だしい事態だ。ただし,警察も拡散するツイッター上のデマ情報をを無視は出来なかったのだろう。刑事達も警察の上部から命令されているから拒否するわけにもいかない。警察としては万が一,不測の事態が起これば重大な責任問題になるから,そのような指示をせざるを得なかったわけだ。問題はそれだけでなく,学校や幼稚園,保育所にまで影響がでたと言うことだ。一つのデマに,札幌全体が踊らされたと言っていい事態になった。どこの責任者もツイッターの情報の真偽を確かめられず,万一の事態に自分の持ち場で責任が生じないようにと念じて善後策を練ったわけだろう。
うわさ,流言,蜚語,デマのたぐいの情報は「かもしれない」→「らしい」→「と言う話しだ」→「だそうだ」→「にちがいない」→「だ」と段々意味が変わっていく。火のないところにも煙がたつ。

キラービー 昔こいつに3回も刺された
IMG_0686.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

民主主義 [シルバーウィングでGO]

民主主義とは読んで字の如く,国の主人は民であるという考えだ。日本国憲法では「主権が国民に存する」と表現している。
国家となると最小のレベルでも所帯が大きいから,現実的には直接民主主義ではなく代表による民主主義が一般的な形態,議会だ。ただし,突発的に発生する問題について,市民の代表である議会が自分たちの考えを正しく理解していないと思われるときは,直接に行動することがある。それが,デモ(demonstration)だ。このデモ(demo)はデモクラシー(democracy)のデモと出所は同じだと思っている。代表者には委任させられない問題が生じたとき,政治の主権者が直接行動するわけだ。
香港の大規模なデモはまさに政治の主権者が代表者に直接ノーを突きつけたわけだ。200万人がデモに参加したと言うから,730万人の香港では,事実上殆どの人が立ち上がったと言っていいはずだ。香港政府も主権者たる200万人に警察を立ち向かわせるわけにはいかなくなった。
これが,民主主義が成熟していない独裁国家なら,政治家が主権者である国民に銃口さえ向けかねない。香港の行政長官がひとまず矛を収め,条例制定を強行しなかったのは,民主主義の伝統が生きているということだろう。
それにしても,香港の人たちの意識の高さは我々とは違うレベルだ。市井や大学のノンポリ化・遊園地化が進み,安心した政治家が主権者の意向などお構いなしに政治を進められる国がある。「反対デモはテロ行為と本質においてあまり変わらない」と言ってのけた政治家がいるその国と比べると香港が羨ましくなる。
P1070715.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野田村からワインと荒海ホタテ [シルバーウィングでGO]

日曜日の10時10分頃チャイムが鳴った。出てみるとクロネコヤマトの配送員が一抱えもある段ボールを持っている。?ネットで何か大きな買い物をした覚えもない。あっそうだ,岩手からだと気がついて,「野田村から?」と聞くとそうだという返事。間違いない,野田村からワインなどが送られてきたんだ。2017年から今年まで3年間,ワインやホタテなどを送ってくれることになっていた。
早速開けてみると,山葡萄ワインが4本,大きな冷蔵ホタテ貝が4つ。塩わかめに野田の塩がでてきた。
よしよし,去年は品物が若干貧弱になってきたような気もしていたが,今年はワインが4本だ。かなり頑張った印象だ。
岩手の山には山葡萄が自生していて,子供の頃はおやじ様に連れて行ってもらってたくさん採ってきたものだ。その山葡萄を大きな瓶につけておくと,自然に発酵して山葡萄酒が出来上がる。厳密に言えば,酒税法に触れる密造酒だったわけだが,そんなことをとがめる者はいるわけがない。駐在さんだってたっぷり味わったはずだ。
ただ,最近はワイナリーが出来て,作り方も本格的らしい。だから,一本2500円もする。あの葡萄酒は今では個人の家ではできないだろう。新しい本格的なワインもいいが,昔飲んだ甘酸っぱい味も忘れられない。
さて,ホタテは夕食に刺身と焼きホタテとなって登場した。特に刺身は絶品。我が山の神は作っている最中にホタテに挟まれかけたらしく,悲鳴を上げていたぐらいの生きの良さ。貝柱は言うに及ばず,貝ひももコリコリして最高にいい歯ごたえ口当たりだった。焼いたホタテも最高。言うことなしだ。
これで契約が最後かと思うと惜しいなあと思うが,実は我が山の神は最近殆どアルコールを口にしていない。ワインの飲み手がいなくなってしまったわけだ。ということで,残念ながら契約は今回限りということになる。荒海ホタテは野田村に住む兄や妹に何とか送ってもらえないか働きかけてみよう。そう言いたくなるほど美味かった。
P1070710.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イランが日本船舶攻撃? [シルバーウィングでGO]

日本とイランは伝統的に友好国だ。ところがイランとアメリカは元々仲がよくない。トランプ大統領になって更に悪化した。イランの核兵器製造を封じ込めるイラン核合意からトランプアメリカが離脱し,イランに対して経済的な封じ込め作戦に入った。イランと良好な関係だった日本はイラン産の原油も輸入してきたが,トランプアメリカのイラン制裁で輸入が制限されてきた。このままでは時間とともに,輸入量ももっと少なくせざるを得ない。
トランプ大統領は口先は威勢はよいが本当は戦争にしたくはない。そこで,イランの態度を変えさせようと,安倍晋三を使うことを考えた。トランプに言われては安倍首相も否とは言えない。安倍首相はイランのロハニ大統領や最高指導者のハメネイ師と会談を重ねた。
ところが,会談中に日本のタンカーが誰かから砲撃を受けて乗組員が逃げ出さざるを得なくなった。アメリカトランプはイランの仕業だと断定している。
タンカー.JPG
それがどうもよく分からない。ロハニ大統領や最高指導者ハメネイ師と会談中の国の船舶を攻撃することがあるのだろうか。それでなくても日本とイランは元々友好国だ。友好国の船舶を拿捕したりあまつさえ攻撃するなどあり得ないことのように思える。もしも事実なら何のために攻撃してきたのだろう。それも,原油タンカーではなくエタノールタンカーを。
満州事変発端の柳条湖満鉄爆破事件とベトナム戦争発端のトンキン湾事件を思い出した。まさかとは思うが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若返りの妙薬 [シルバーウィングでGO]

P1070707.JPG
洋の東西を問わず,人は昔から不老不死を求め続けて来た。誰でも人は死にたくない。大昔,人の寿命は今の半分もなかっただろう。日本でもあの信長の頃で人生50年だ。戦後でさえ50年にちょっと毛が生えたぐらいだ。戦死者が多かった男は50を切っていたかも知れない。今では,人生の最盛期と言ってもいい時期だ。不老不死を求めた歴史上の人物がかの始皇帝だったか。残念ながら,死は貴賤,貧富を問わず誰にも公平に訪れてきた。その公平さが崩れるかもしれないと言うニュースだ。
新聞によれば,日米の研究チームがNADという酵素を発見したそうだ。このNADを注入されたマウスは若返って,長く生きられるようになったそうだ。人間に置き換えると健康寿命が大幅に延びたわけだ。
そのうちに,延命の妙薬が売り出されるかもしれない。ただし,妙薬は一粒1億円で,10日間延ばしたいなら妙薬10粒なんて話だったりして。「一年延ばすのに365億円」てな脚色をつけて我が山の神に話すと,我が山の神は「そんなに生きてどうすんの」とばっさり。「第一,そんな薬使える人はお金持ちだけでしょ」と新聞の記事をコテンパンだ。そうだね,世の中,益々高齢化社会になっていきそうだね。それも超がふたつも三つもつく高齢化社会に。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ますますお金は使えない [シルバーウィングでGO]

2000万円だか3500万円だか,年金だけでは養老のための資金が足りないとみんなびっくりしている。麻生総理大臣は最初は金融庁の説明に「あっそう」と受け止めたようだが,余りに反響が大きいので,その文書を受け取らないんだそうだ。受け取らないというのは法的にどういう意味なんだろう。金融庁の文書は公文書だから,もしも大切な文書を上げなければ「なんで持ってこないんだ」と叱責を受けるだろう。場合によっては懲戒処分の対象になるはずだ。バラエティ番組の羽鳥MCも30分ぐらいで読めたんだそうだから,麻生大臣が読めないはずがない。国会で指摘を受けてから必ず読んだはず。読んだはずでも受け取らないと言う妙ちきりんな行動。自民党参議院側からこれじゃ選挙が戦えないと言われて奇策に出たんだろう。ダブル選の風も凪いでしまった。今衆議院選をやると,せっかくの三分の二を失いかねないからだ。
さて,2000万円だ。金融庁の優秀な官僚が作った文書だから,たぶん嘘を書いている訳ではない。だから,養老資金は貯めなければならないわけだ。昔から,貯める秘訣は,「使わないこと」と決まっている。いくら収入が多くても,出て行く金額が大きければ貯まらない。入ってくるのが少なくても使わなければたまるという教えだ。
こりゃ,益々お金は使えないぞ。まあ,特になにが欲しいというものもないし。爪に灯をともすという生活ではないにしても,つましい生活を甘受するしかなさそうだ。

若い世代はもっと大変だ!!!
P1070706.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

受水槽内で水泳 [シルバーウィングでGO]

およそ,こんなアホなことをするとは誰も思わない。マンションの受水槽の中で男が泳いでいる動画がネット上に流れている。男の子かと思ったら,動画を見ると口ひげが生えているから成人かもしれない。いずれにせよ,動画の顔ははっきりしているから,個人が特定されるのは時間の問題だ。
受水槽に溜められた水が必要な分だけ高架水槽に送られ,そこから各階に送られる仕組みだが,受水槽の蓋は厳重にロックされているはずだ。「事件」が発生したのは民間の賃貸マンションだそうだから,受水槽の蓋の鍵はマンションの管理者が持っているはずだ。受水槽の維持管理業者は定期的にマンション管理者から鍵を借りて受水槽の蓋を開け,中が清潔に保たれているか点検する。鍵を使えるのはマンション管理者か受水槽維持管理業者だけだ。どちらにしてもこんな馬鹿なことをすることは考えられない。いやもう一つの可能性がある,受水槽設置業者だ。
マンションは売り出したばかりだったのかな?中で泳いでいるのは入居者に引き渡し前の工事中で受水槽を設置したときの動画だろうか。しかし,それも考えにくいなあ。受水槽は水を入れる前に徹底的に清掃・消毒し,その後に水を入れ水質検査をして水道に流せるようになるはずだ。入居者へ引き渡し前だからと言って受水槽の中で泳ぐことはあり得ない。誤って汚してしまったら水は全部入れ替えだ。なにはともあれ動画には撮影時刻がスタンプされているはずだから,事実関係は早晩明らかになるだろう。
いたずら気分でやったのだとしても,損害賠償だけではなく,厳しい刑事罰が科されるだろう。

ののちゃんの漫画の一部を使わせていただきました
P1070704.JPG

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寺銭目当てのお先棒 [シルバーウィングでGO]

P1070702.JPG
「100年安心の年金制度」とは誰が言ったっけか,確か2004年の年金制度改革の時に使われた言葉だ。安倍晋三は自民党幹事長だった。その「100年安心」がまだ20年も経たないのにその年金制度がよれよれだ。年金額が削られ,受け取り開始年齢を60歳から65歳にずらしてきた。政府はついには70歳まで遅らせようと画策している。それまで働けと言うわけだが,正社員から契約社員とか身分が変更になり,給与も半分以下にされるとあっては労働意欲を高めようと言っても難しい。
そこで,親切ごかしとしか思えない金融庁による資金運用の呼びかけだ。
年金だけでは足りません。豊かな生活の為には2000万円が必要です。そのためには自助努力を惜しんではなりません。自分でお金を運用して増やしましょう。世の中には,たくさんの金融商品があります。
さて投資の構図は基本的に博打と変わらない。誰かが儲ければ誰かが損をする。
もちろん国民総生産が増えていれば損する人よりも利益を得る人の方が多いが,残念ながら経済拡大が望めない現状ではもしかすると損する人が多くなってしまう可能性だってある。
国民が金融商品を買って一番得するのは金融機関だ。今度の金融庁の呼びかけにもバックには金融機関がいるらしい。何しろこの景気だ,お金の貸し出し先がなくて金融機関は困っている。だから,金融庁が高齢者からの寺銭目当てに金融機関のお先棒を担いだわけだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イージスアショアで地価下落か [シルバーウィングでGO]

防衛省はイージスアショアの場所の選定で,グーグルアースの使い方を間違えたことで迷惑をかけたとして謝罪する会見を開いた。ところがその会見の最中,防衛省の係官がうつらうつらと,いわゆる舟を漕ぎ出し眠ってしまった。説明を受けていた住民が激怒したのは当然だ。発言中の男性が大声で激しく抗議した。
防衛省側は何の言い訳も出来ず,ひたすら謝罪に謝罪を重ねるしかない。
それにしても,いわゆるガンクビをあんなに並べなければならないものだろうか。あそこで発言する人はほんの数名だけの筈だ。多くは何にもする事がなく,ただ黙って座っているだけだ。いなくてもいいが言うだろう。住民のお考えを我々も把握しておくことは大切ですと。
会場にいた住民は眠るどころではないはずだ。自分たちの住んでいるところに,寝耳に水のイージスアショア,その選定過程に問題があって,出来れば撤回してもらいたいわけだから眠気どころではないはずだ。自分たちの生活環境が激変するわけだから,説明は一言も聞き漏らすまいと気を張っていただろう。こんなことを言うと,否定されるかもしれないが,住民の中には土地価格が下がることについて深刻に考えている人もいるだろう。いや,もしかすると少なくないかも知れない。そういう考えが悪いわけではない。現実の不利益は誰しも被りたくはない。それ以上に心配なのは有事の際だ。安倍首相は攻撃的兵器ではないから心配ないとロシアに言ったそうだが,軍事施設は攻撃対象になることは避けられないだろう。居眠りどころではないなあ,気の毒に。引っ張り出された居眠り係官もお疲れだっただろうなあ。
なお,実際の地価変動はどうなっているかというと。おー!新屋も大変だが萩の方がもっとたいへんだ。気の毒に。

あらやだ! 
arayatika.JPG
おれたち萩の方がひどいけどここは安倍晋三様のお膝元だしなあ
hagitika.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イージスアショアで知床は返らない [シルバーウィングでGO]

強力なレーダーで敵の攻撃を察知しミサイルで防衛する駆逐艦や軍艦のことをイージス艦というのだそうだ。その陸上版がイージスアショアというミサイル防衛で,こんど山口県と秋田県に設けられるんだそうだ。もちろん日本で作れるものではなく,アメリカから輸入する。トランプも大喜びだろう。すごい金額になるそうだから。
そのイージスアショアの導入について,ロシアは心配だと言っているそうだが,安倍首相は自国を守るためのシステムだからロシアが心配する必要はないと答えたそうだ。
しかし,攻めるは守るのこともあれば,守るは攻めるのこともあるとロシアは納得はしないだろう。ロシアは丸山代議士の戦争発言も苦々しく思ったはずだ。北方領土はまた少し遠ざかっている。
イージスアショア配備地については,面白い記事があった。「グーグルアース使用 誤る」というヘッドラインだ。候補地の選定作業で使ったのがグーグルアースだったという話だ。へぇ!そんな大事なことを決めるために,民間のデータを使うんだ。思い込みかもしれないが,正式なデータとして使うのなら国土地理院の地図を使うのかなあと思っているが,私の頭が時代に追いついていないのかもしれない。ただ,グーグルアースでも緯度経度標高は殆ど正確に表示されるから,間違いが起こるとも思えない。新聞では標高が実際よりも高く表示されているのをそのままにして計算したと書いてあるが,本当か?
ミスだったことが分かったが,秋田県の候補地を見直すことはしないそうだ。なんだ,初めから秋田市の新屋演習場,山口県萩市のむつみ演習場ありきだったわけか。
イージスアショアが北朝鮮やロシア,中国を想定していることはみんな知っている。知床の岬は遠くなりにけり。

富士山断面図 防衛省はこんな仕事をしているの アチョア!
fuji.JPG

追い書き 国土地理院の地図でやってみるとこっちも簡単だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

柿の種 [シルバーウィングでGO]

ビールのつまみでおなじみの柿の種のコマーシャルが流れた。古くから流れているコマーシャルソングは耳になじんでいるメロディーだ。
柿の種は,昔は子供は食べられなかった。食べられないと言うのはもちろん高価だからではない。辛いからだ。昔の柿の種は辛くて辛くて,とても子供が口に出来るようなものではなかった。大人のまねをしてポリポリ食べてひどい目にあったことがある。色も唐辛子をたっぷりまぶしてあるので今の柿の種とは違って,赤みがかなり強かった。しかし最近の柿の種は,小学生でも何とか食べられるぐらいの辛さにしてあるようだ。ピーナツと一緒に入っている柿の種は誰でも食べている。
ところがおかしなもので,今の柿の種を食べていると,何か物足りなさを感じてしまうことがある。昔ながらの,赤くて辛い柿の種がほしいと思うことがあるから不思議だ。のどが冷たいビールで冷えたところにあのぴりっと辛い柿の種が合うと思うんだがなあ亀田製菓さん。ただし,作ってはみたが辛すぎて売れないということもあるかもしれないので,二の足かなぁ。

この時期をなぜ麦秋というのだろう
IMG_9154.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

当たらん [シルバーウィングでGO]

くじ運が良いとは言えない人生だが,一度ぐらい当たっても罰は当たるまいが当たらない。それでもくじけずにbeパズルに応募し続ける。この日の数独は星印が五つ。最高レベルの難しさということだが運良く,数字が全部入ってくれた。
新聞購読者は年々少なくなっているそうだが,私が読んでいる安倍晋三が嫌いな朝日新聞でも600万部ぐらいはありそうだ。
そのうちの1%の購読者が応募したと仮定すると,当たる確率は五万分の一程度だ。地図の縮尺のような確率だが今回もたぶん当たらない。まあ,脳味噌の訓練と思って解き続け,応募し続けよう。なお,今回のジグソータイルは見た途端,この7番のタイルが怪しいと目星をつけたら,まさしくそれが答えだった。うん,私の直感も当たるときがあるんだ。
P1070703.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ひみつまもります」削除 [シルバーウィングでGO]

P1070701.JPG
新聞の千葉版に栗原心愛さんのアンケートのコピーを虐待していた父親に渡してしまったことを受けて,野田市教委が子供たちに謝罪するそうだ。紙面には市教委が直接謝罪するのではなく「我々の気持ちを代弁して身近な担任が伝えた方がいい」と判断したと書いてある。まあ,仕方が無い。それはいいが,問題はアンケートにあった「ひみつをまもります」を今後のアンケートから削除するという方針だ。
え?いったいなぜこの言葉を削除するのだろうと詳しく読んだが要領を得ない。さらに新しいアンケートには「安心して正直に答えてください。みなさんを守るためにも大切に扱っていきます」などの言葉を記載するそうだ。アンケート実施後は誰に伝えていいのか子供たちに確認するそうだ。確認するから「ひみつをまもります」を削除しても構わないということなのか?
野田市児童虐待事件再発防止合同委員会の日本大学危機管理学部(゜o゜;) の鈴木秀洋准教授は「児童相談所に通告するケースもあるので,『誰にも言わない』というのはうそになる」と説明したそうだ。他の委員からは何の反論も出なかったと言うのか。アンケートには『誰にも言わない』とは書いてない,『ひみつはまもります』と書いてある。
学校が秘密を守るということは『誰にも言わない』ことと同じ意味ではない。そのアンケートからいじめが分かったら,解決のために是非とも誰かに何とかして欲しいというのは栗原さん自身の願いだったはずだ。アンケートは原則秘密事項として決めておき,細部については個別に検討するという姿勢でなければならないはずだ。「『誰にも言わない』というのはうそになる」というのでは初めから削除ありきの言い訳にしか聞こえない。
また,アンケートは普通無記名で行われるが,野田市のアンケートは本人がいじめを受けているとかいじめを知っているなどの事実を知るために行われる対面調査だ。誰の話しか最初から分かっているから当然秘密事項として扱われるべきものだ。それがいじめの解決の手立ての一つになるかもしれない。それを,誰に話していいか子供自身に判断させるということが間違いだ。あなた任せと言うしかない。
「ひみつをまもります」以上に安心できる言葉は見つからない。まあなあ,市教委が破っちまったからなあ。出来るとすれば「ぜったいにひみつをまもります」と強調するぐらいかなあ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仏つくって魂入れず [シルバーウィングでGO]

ゴミぽいは罰則を設けて厳しく取り締まらなければなくならないという意見を聞き,全国のポイ捨て禁止条例はどうなっているのか調べていると,我が野田市にもゴミぽい禁止条例が制定されていた。どんな内容かというと
・市内の公共の場所では空き缶などを捨ててはいけない
・市長が指定した重点区域内でゴミぽいをした者に市長は違反是正の指導,勧告を行う
・市長の指導や勧告に従わない者は2万円以下の科料に処す
こんな内容だ。
是非とも厳しく運用してもらいたいものだが,どこがに重点区域になっているのか調べてみると,梅郷駅の西口のロータリー周辺の約4haと東口のロータリー周辺の約4haだけだ。つまり,この周辺8ha以外でポイ捨てしてもこの条例には引っかからないと言うことになる。しかも,重点区域を示す看板もあるかどうかすら分からない。
第一,ゴミポイをしている人を市長が監視しているわけにはいかない。誰か係りが必要だ。だとしても市の環境課(部)の誰かが詰めているわけにもいかないだろう。市民だって,隣の奥さんがポイしましたなんて言うわけが無い。警察だって我々の仕事じゃないと言うはずだ。この条例に引っかかって科料をとられたという噂話も聞かない。たぶん,市長が指導や勧告を出したことはないだろう。下っ端がそんな決済文書でも出したら上司に怒鳴りつけられるに決まっている。
結局,今でも休耕田がゴミ捨て場状態になっているが,あそこでポイしてもなんの違反にも問われなわけだ。せいぜい軽犯罪法に問われる可能性が僅かにあるというぐらいだ。
せっかくポイ捨て禁止条例を作っておきながら,何の役にもたたないのでは条例がないのと同じだと言われてもしょうがない。どこかの条例をまねれば,条例の形はできる。典型的な仏つくって魂入れずだ。

すぐ近くに小学校,向こうに保健センターも見える
P1070679.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

武蔵國に下総國の石碑 [シルバーウィングでGO]

体重が一度57キロ台に入ったが,また58キロ代に戻ってしまった。一キロぐらい行ったり来たりはあるだろうと思っていたが,若干のリバウンド気味かもしれない。そう反省して,カメラを自転車に乗せて走った。リバウンド対策のつもりだ。今日5D2につけたのは久しぶりに50mmの単焦点レンズ。これだと少し軽くなる。
IMG_0614.JPG

春日部市の旧庄和地区の江戸川沿いを走っていると,古そうな石碑が一つ。形はよく見る墓石と同じだが,墓石ではない。青面金剛(たぶん)と刻まれている。ショウメンコンゴウと読むらしい。民間信仰で建てられた石碑らしい。横には「寛政七 乙 卯 歳」と書いてある。1795年ということになる。今から200年以上前の松平定信の頃だ。
さて,石碑には「下総」の文字が見える。下総と言えば千葉のことだ。今,この石碑があるところは,埼玉県だから,昔風に言えば「下総國」ではなく「武蔵國」になる。武蔵國に下総國の石碑ということは,ここは1795年は下総國だったわけだ。道理で,武蔵國にもかかわらず,すぐ近くに香取神社がある。香取神社は下総國の香取神宮の末になる。
IMG_0615.JPG
このあたりは,洪水で川の流れがあちこちに動いたそうだ。川が国境になっていたとすれば,そのころは川の流れが今の武蔵の国になっていたのかもしれない。ということは,逆に現在の千葉(下総國)に武蔵國の石碑がたっているかもしれない。かもしれないかもしれないかもしれないのお話。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5ヶ月で150件 [シルバーウィングでGO]

アメリカで起こった無差別殺傷事件が今年になってから5月末までに150件に達したそうだ。アメリカだから,銃による乱射事件だ。バージニアで起こった5月31日の事件では,12人の市民が犠牲になった。犯人は警察と銃撃戦になり射殺されている。
5ヶ月で150件ということは,5月28日に川崎市で起こった無差別殺傷事件のような事件が毎日起こっていることになる。我々日本人からすれば,信じられない頻度だ。
日本よりも国土は広く人口も何倍もあるにしても多すぎる。
それでも,銃規制は遅々としてというより,全く進まない。憲法が国民に銃を持つ権利を保証しているからだそうだ。(アメリカ合衆国憲法修正第2条)
そりゃ,西部劇の時代のような,国づくりの過程のような時代では,無頼漢やならず者から身を守るために銃も必要なことはあっただろう。しかし,現在は銃は身を守るための道具というよりは,他人を殺し傷つけるための凶器になっている。それは分かっていても,既に国中に溢れんばかりに存在する銃を今更なくすことはできないと諦めているし,憲法を変えようともしない。市民がみんな銃を供出してしまうと,供出しない悪漢だけが銃を所持することになるから,危険この上ないと判断するのだろう。
結局,アメリカからは銃はなくならない。だから,毎日どこかで銃の乱射事件が起こる。乱射する奴がいたら,持っている銃で撃ち殺せ。アメリカ国民全員に拳銃を持ち歩けというわけだ。

サクランボトマトは実に元気だ
IMG_0621.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎市登戸余波殺人 [シルバーウィングでGO]

川崎市登戸の無差別殺傷事件の余波が歪んでいる。事務次官と言えば省庁のトップで,偉い人の代表のような存在だが,元事務次官だった男性が44歳の息子を包丁で殺害した。
犯人の,熊沢元事務次官は息子が家庭内暴力をふるったと言っているようだ。岩崎隆一と同じような引きこもり状態だったらしい。近所の人は長男がいることにすら気づいていなかったそうだ。
直接のきっかけは,長男が近所の運動会がうるさいと言ったことを熊沢元事務次官がたしなめたことで口論になったことらしい。しかし,この事件を聞いた殆どの人は川崎市登戸の無差別殺傷事件を思い起こしたはずだ。熊沢元事務次官は息子が岩崎隆一と同じようなことをしでかすのではないかと恐れたのではないかと。
無差別殺傷事件の歪んだ余波が,新たな事件を引き起こしたと言えるかもしれない。心配が増えた。
1.川崎市登戸の岩崎良一をまねる犯行
2.熊沢元事務次官をまねる犯行
3.6月8日の記憶の再現。池田小学校と秋葉原
思い過ごしであってほしいが気になる。
さて,自己責任という言葉が幅を利かせるようになったのはいつ頃からだっただろうか。紛争地で人質になった女性が救出されると,自己責任論というバッシングがひどかった。戦場記者の安田純平さんのときもそうだった。無理矢理安田さんに自分の責任と言わせた。
紛争地で殺されるのも自己責任,路上生活も自己責任的な論調が幅を利かせた。勝ち組,負け組という線引きは未だに引かれっぱなしだ。
今度のふたつの事件も,底流に自己責任論や勝ち組,負け組的なものの見方考え方があるような気がする。
とりあえず,今週の土曜日に何事も起こりませんようにと祈る。
IMG_1028.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「一人で死んでほしい」に異論 [シルバーウィングでGO]

川崎市の無差別殺傷事件の犯人に対して「一人で死んでほしい」と言ったニュースキャスターや落語家たちのコメントに異論がでているそうだ。新聞には「同様事件誘発の恐れ」の見出しだ。「次の凶行を生まないためにも『一人で死ぬべき』という非難は控えてほしい」と呼びかけているそうだ。
「一人で死んで」は多くの人が思ったことだろう。私もその一人だが,別の言葉に言い換えてみる。「自分が死ぬために他人を道連れにすることはないだろう」にしてみると,「死ね」よりも「殺すな」の意味の方が強い。
異論を挟んだ人は,犯行の遠因は岩崎隆一の恵まれない生活にあり,犯人岩崎隆一が苦悩しながら生きてきたことを理解しなければならない。単に犯行を非難するだけでは犯行はなくならないと言いたいのだろう。
「一人で死んで」と言っている人たちも,岩崎隆一のそういう事情を無視しているわけではないはずだ。しかし,何の落ち度もない人が,突然「死にたい・人生を終わらせたい」という人に無差別に殺されるという理不尽さ。そのその理不尽さに向けられた悔しさが沸騰し,犯人岩崎隆一に何か物を投げつけたい気持ちになったのだと思う。それが「一人で死んで」という言葉になったのだと理解している。彼らも生きて苦悩している人に「死ぬなら一人で死ね」とは言わないだろう。「死ぬな」と呼びかける筈だ。
P1070687.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鏑木蓮・救命拒否 [シルバーウィングでGO]

P1070684.JPG
鏑木蓮の「救命拒否」を読んだ。殺人事件の背景は大規模事故事件で行われるトリアージという患者の選別,言い換えれば救う命の選別問題だ。救急医学をテーマにした非常に深刻な小説だ。
トリアージはふたつの爆発事件で行われた。一度目はスーパーで起こった爆発事件。若い女性が巻き込まれ,トリアージでブラックタグをつけられる。ブラックタグをつけられたものは救命の見込みなしと判断され,救命のための救急医療の対象からはずされる。亡くなった女性の家族は,ブラックタグをつけた若林医師を強く恨んだ。その若林医師が狙われたと思われる二度目の爆破事件が起こる。息絶える直前の若林医師の言葉は「ブラックタグ」。それを聞いた救急救命士の中杢(ナカモク)は,自分にブラックタグを付けよという若林医師の意思表示だろうと証言する。意志のある被害者にブラックタグをつけるという矛盾も中杢に対する疑い発生の一因だ。
中杢は一度目の爆発事件の時も爆発現場で若林医師とともに救急の仕事をしていた。そのとき,亡くなった女性に若林医師がブラックタグをつけたのは,現場で若林医師がもたもたして患者のそばに来るのが遅くなったからだと親友に打ち明けている。
捜査本部は亡くなった女性の婚約者だった笹岡が犯人の可能性が高いとみて捜査を絞り込むが,別の刑事たちは救命士の中杢が犯人の可能性があるとして捜査を行う。中杢が同窓会の席で酩酊して「自分につけろ」と言ったという聞き込みあたりから,読者も刑事とともに推理・筋立てをしたくなる展開だ。
ホンボシは中杢かと推理される中で笹岡の犯行を裏付けるような情報がもたらされる。しかし,爆発の目的は自殺だった。中杢の同級生久保が意図的に若林医師を爆発に巻き込んだのが真相だった。久保はその爆発で死ねず病院に収容されている。
さて,トリアージについてもう一度考えてみると,神ならぬ人間のすることだから,どうしてもミスは避けられない。そうであったとしても,少しでも犠牲者を少なくしようと言うドライな知恵と言っていいだろう。一般の救命率8%に対して,40%の救命率を誇る若林医師も誰かを助けるために誰かの命を見殺しにしてきたわけだ。若林医師が自ら死を選んだのは,ブラックタグをつけることがいかに苦悩に満ちた行為だったかということだろうか。
なお,28日朝の川崎市登戸無差別殺傷事件の現場に駆けつけた医師は,既にトリアージが終わった後だったと言っていた。たぶん,ブラックタグをつけられた被害者はいなかっただろう。そう願う。かなり酷い状況であっても心肺蘇生の手立ては尽くした筈だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感