So-net無料ブログ作成

映画・新聞記者 [シルバーウィングでGO]

映画・新聞記者をみた。かなり刺激的な映画だった。政治記者が政府が密かに軍事医学研究所建設を進めようという情報を得て,駆けずり回り,内部からの通報者を突き止めて政府と対決するという粗筋だ。
「映画・新聞記者」は何年か前からこの日本で起こってきたことを下敷きにしている。森友学園問題や加計学園問題だ。内部通報者が自殺するという展開も,森友学園問題で財務相近畿財務局で文書改ざんの責任をとらされて職員が自殺した経緯と酷似している。
それにしても,政権を守るために政府内局に作られた組織のおぞましさは現実とは思えないほどだ。高齢者を狙う詐欺集団が電話をかけ続ける部屋を思い起こさせる。映っている人物は,各省庁から出向してきているエリートたちだ。パソコンに向かって猛烈な早さでSNSに書き込んでいる姿は不気味ですらある。彼らの目的は上司に命じられた攻撃対象の人物の人格をおとしめること,信用をなくさせることだ。そのためには,相手が誰であろうと容赦はしないし手段も選ばない。そう言えば文科省の前川元事務次官も政権に反旗を翻すと徹底的に叩かれたっけなぁ。SNSどころか菅官房長官の人格否定発言に驚かされた。その前川喜平氏が映画に登場しているから,より現実感が増す。
韓国人主演女優演じる政治記者吉岡は父も新聞記者で,その昔誤報記事にかかわって自殺している。同じような展開の事件に彼女がどう立ち向かうか,最後まで先を見通せない展開だ。
もう一人の主人公は外務省から政府内局に出向してきている,通報者の元部下の松坂桃李演じる杉原だ。自分の名前を出してでも,政府が進めようとする暴挙を阻止しようと決意するが,妻が異常出産の危機を乗り越え父親として自宅に帰ったときに,役人として生きる道に戻るところで映画は終わっている。
なお,杉原の上司の「この国の民主主義は形だけでいい」という台詞にこの映画が凝縮されている。

だれがどんな責任をとるんだろう
P1070939.JPG

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感