So-net無料ブログ作成

我慢の限界 [シルバーウィングでGO]

P1070819.JPG
不可逆的と表現される慰安婦合意を覆され,1965年に解決したはずの徴用工問題も蒸し返され,とうとう安倍首相が切れた。反撃の手だてが韓国に対する輸出規制だ。政府は「禁輸したのではなく,今までの輸出手続きの優遇を見直し,手続きを元通りにするだけだ」と慰安婦問題,徴用工問題とは無関係だと冷静を装う。しかし,なんと言い繕っても「輸出規制」でありそれは慰安婦問題や徴用工問題で条約違反状態を変えようとしない韓国政府の態度に業を煮やしたからだ。
確かになあ,慰安婦問題については,安倍首相は普段下げない頭を下げて,「不可逆的」解決にやっとたどり着いた。それが,慰安婦像の設置から始まりついには保証財団解散になり,不可逆的解決が反故にされた。国家間の約束が破られるという事態は誰が想定できただろう。徴用工問題については私も1965年のいわゆる日韓請求権協定を読んだが,これを無視されたときは誰もが驚いた。だから安倍首相がかっかと頭に血が上る気持ちは分かる。しかし,江戸の敵を長崎での意趣返しでは,解決は益々遠ざかる。ちょっと短気だったかなぁ。
歳をとると辛抱が出来なくなって「やっちゃえ」と過激に走ることが多くなるそうだ。
今度の輸出規制がどんな結末を招くか見通しは立たないが,日韓両国にウィンウィンの結果はもたらさないだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感