So-net無料ブログ作成

有志連合 [シルバーウィングでGO]

ホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃され燃えるタンカーの映像がテレビでも流れた。アメリカはイランの仕業だと言うし,イランはシランと言うし真実は藪の中だ。ただ,その期間中は安倍首相がイランを訪問中だった。ホスト国のイランが訪問客の国の船を攻撃するとはちょっと考えにくい。陰謀の臭いがする。
さて,事件の後アメリカは「なぜ自分たちがホルムズ海峡の安全のために軍隊を出さなきゃならないんだ,自分の国の船は自分で守れ」と言い始めた。アメリカは軍隊を引き返すのかと思ったら,ホルムズ海峡を守る有志連合構想を打ち出し,日本にも連合に加わるように言ってきた。おっと,先日自民党から,今回の事態は「存立危機事態」ではないと発表したばかりだ。つまり自衛隊をホルムズ海峡に送り出せないわけだ。岩屋防衛省も派遣は無理だと考えているようだ。しかし,アメリカトランプは日本に容赦はしない。「有志連合に加わらないという選択肢はないやろ」という強圧を安倍首相は拒否できるかどうかあやしい。結局はトランプに押し切られる可能性も大きい。。
トランプ大統領については最近,最も重要な同盟国のイギリスの駐米大使がトランプ大統領は無能だとメイ首相に報告していたことが発覚した。駐米大使は責任をとって辞任したが,トランプにも大きな傷が残った。傷口を目立たなくするためにも,トランプは大博打に打って出る可能性がある。イラン爆撃はないとは思うが,確率がゼロではない。きな臭くなってきたなぁ。
uzoumuzou.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感