So-net無料ブログ作成

自転車のヘルメット [シルバーウィングでGO]

中学校になると自転車通学が許されるようになるようだ。ただし,自転車通学には条件が必要だ。自転車に乗るときはヘルメットをかぶることだ。しかし,そのヘルメットが問題だ。指定されるヘルメットがまるで工事現場の職人がかぶるヘルメットのような代物だ。工事現場には似合っても中高生の通学には「ださい」。女生徒も例外扱いはされない。だから,生徒はかぶりたくない。先生が見ているところでは頭に乗せているが,見えなくなると直ぐに脱いでしまう。
なぜあんなダサいヘルメットを強要するのだろうか。まあとにかく転倒事故に遭ったとき頭部を保護する為なのだが,ファッション性などは全く考慮されていない。自分はヘルメットをかぶろうとはしないのに,生徒には事故にあったらどうするんだとかなんとか言って,無理矢理かぶらせようとする無神経さ。
ところが,この近辺の小学生のかぶっているヘルメットは,かっこいいいわゆる自転車専用ヘルメットだ。流線型でカラフル。これなら子供たちも選ぶのが楽しいだろう。ネットで探すと2000円位からある。中学校でもこんなヘルメットにすれば生徒もこそこそ脱いだりしなくなるだろうになあ。
P1070662.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

男系男子の維持は困難 [シルバーウィングでGO]

昔,たぶんだが子供の種は男の精液の中にあると信じられてきただろう。現在は,女性の卵子と男の精子によって生まれることは常識だ。
男系の継続にこだわった人たちは子種が男にあると考える前時代の思考から脱却できていないだけだ。テレビを見ていたら,嫡子で天皇を継いだのは過去400年で4人だけだったそうだ。あとは全部庶子だったということは,男系男子の天皇家の存続には側室が必要だった。男の子種が最重要の頃は,女性は子種をもらって宿すだけの存在と考えられたわけだ。
源氏物語の光源氏は何人の女性と懇ろになったんだっけ。8人だったか9人だったか。調べてみると,葵,紫,明石,六条,夕顔,花散里,末摘花,藤壺,空蝉,朧月夜,ということはヒェー10人だ。おそろしい果報者。しかし,この時代に,そんなことがゆるされるわけはない。数学的に計算してみても,一夫一妻で男系男子を続けるのは非常に難しいことは分かっているはずだ。
DPP_8056.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

ゴミポイ [シルバーウィングでGO]

テレビではGWにバーベキューあとのゴミを,近くのマンションのゴミ捨てボックスに投棄する人たちの話しだ。公共心のかけらもない輩たちだろう。もしかして,その場に捨てなかった俺たちは道徳的だと勘違いしている奴らかもしれない。そんな輩が増殖中だ。
我が山の神は狭い道なのであまり通ることはないようだが,スーパーに行くときに使う側溝脇の道路からのポイ捨てゴミが耐えない。このゴミの多さは,Googlemapの航空写真でも確認できるくらいの量だ。今はGooglemapの航空写真より遙かにひどい状況になっいぇいる。我が山の神は「普通はやらない,ゴミを捨てるのによっぽど困っている人かも知れない」と言っている。
さて,野田市はこの大型連休の間もゴミの収集はいつも通りにやってくれた。世の中,連休を謳歌する中,やりたがらない人が多いと思われるゴミの収集に汗を流してくれる人たちがいたわけだ。頭の下がる思いだ。
ところで最近,自治会に入らない人たちが増えているそうだ。ここでは,ごみの集積場所は自治会の班ごとにお金を出し合って作っているから班の人でなければ捨てられない。自治会に入っていない人はどうやってゴミを処理しているのだろう。まさか。ゴミ処理に困った人が車の窓からポイ捨てしているのではあるまいなぁ。
ともあれ,日本はゴミぽいに対する対応が非常に遅れていると言って良さそうだ。

衛星写真
ポイ捨て衛星写真.JPG
ストリートビュー
ポイ捨て.JPG
nice!(1)  コメント(1) 

ヨモギ [シルバーウィングでGO]

ぽつんと一軒家と言う番組を見ていたら,庭先でヨモギを切っている場面が映し出された。
我が山の神が「そういえばこの辺でヨモギを見かけなくなったわ,ここ何年か見ていないよ」と言う。確かに山の神の言う通り,ヨモギを見た記憶がない。
ヨモギは道ばたのどこにでもある草だ。そのヨモギの,小さくて新鮮そうな葉を摘んで草餅に使う。春先の香り懐かしい味わいだった。使ったことはないがモグサにも使われたはずだ。ありふれた雑草の仲間に近かったヨモギがなぜ見えなくなったのだろう。
多年草だそうだから,根付きのヨモギがあれば庭先に植えて増やしたい気になる。
次の日,ちょっと雲が厚そうな中ヨモギを探して自転車を走らせた。十数メートル走ってご近所の花壇が目に入った。え?ヨモギ?ここにあったっけ。いつも見ているはずのご近所の花壇。人間の目って見てないもんだなあ。
ついでにもう少し自転車を走らせる。そこにもここにもヨモギが生えている。道ばたのヨモギはもうかなり大きくなって,50センチに届こうという草丈のヨモギも見つけた。漫然としているから,その気にならなければヨモギだと気がつかないんだ。この頭,かなり認知症度が高くなっているらしいぞ。

庭に植えることもないだろうに。物好きな
P1070661.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

理屈と現実のバランス [シルバーウィングでGO]

安倍首相は2020年度中に新しい憲法にしたいそうだ。もちろん狙いは憲法9条を変えて自衛隊を書き込むことだ。その理由を安倍首相は「違憲論争に決着をつけるため」だと言っている。違憲だと主張する憲法学者が多数いるので,自衛隊を憲法に書き込んで反論が出ないようにしたいとの説明だ。自衛隊は合憲だと考えるなら,本来改憲の必要はない。自衛官の誇りのためになどという感情論で憲法を変えられたらたまらない。また,戦車に乗り込んでみたり,戦闘機に乗って喜んでいる首相だから,本音は自衛隊を自衛軍にして,自衛官の階級も3尉2尉1尉なんかじゃなくて少尉中尉太尉・少佐中佐大佐にしたいんだろうなぁ。
自衛隊は違憲か合憲かで裁判所も悩んだはずだ。憲法を正面から解釈するなら合憲という判断はあり得ない。だから裁判所は統治行為論などとおかしなところにに逃げ込んでまっとうな判断を避けてきた。それは合憲派にとっては都合の良い判断だった。
しかし近年裁判所は面白い概念を編み出した。それが,「違憲状態」という判決だ。違憲状態という判決は国政選挙の一票の格差が甚だしくなった場合,このまま放置すると違憲になり選挙は無効と判断せざるを得ませんよと突きつけた判決だった。この判決を自衛隊に当てはめると自衛隊は違憲状態と考えてもいい。
本来なら自衛隊は違憲状態にあるから,憲法を改正して違憲状態を是正しなければならないわけだが,口が裂けても自衛隊は違憲だとは言えないらしい。国民の多くは理屈は違憲状態でも今更自衛隊をなくせとは言えない。ただし,この数十年,戦争がなかったのは9条の歯止めがあったからだと理解している。だから,9条を変える必要はないと判断するわけだ。理屈と現実のバランスを考えた判断だと言えるだろう。

800キロもある大凧,バランスを取るのが難しい
IMG_0323.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

象徴 [シルバーウィングでGO]

我が山の神に,「平和の象徴ってなんだい」ときくと,直ぐに「鳩」という答えが返ってきた。たぶん日本人の殆どが同じように答えるだろう。そこで勝手にいろいろな象徴を考えてみた。
・オーロラは北極地方の象徴
・新幹線は高度経済成長の象徴の一つ
・原爆ドームは核兵器廃絶運動の象徴
・富士山は日本の象徴
・自由の女神はアメリカの象徴の一つ
など,見たり聞いたりすると皆が同じものを思い描くものが象徴と言っていいだろう。
憲法第1条に,天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて云々と書いてある。砕けた言い方にすると,日本国民が一致協力して豊かな国づくりに励んでいる姿が象徴である天皇に投影されていると言うわけだ。見る角度を変えると,天皇を見れば日本人とはこんな存在だということがわかるということだろう。
平成天皇が「象徴」をどのように理解し,どのような象徴を目指したのか,いつか明らかになる。

7Dで撮影 35キロ先のスカイツリー 東京のシンボル?浅草の?東武の?
IMG_2609.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

10連休 [シルバーウィングでGO]

卓球教室に行くと,いつもより人数が多かった。体を動かしたい人が増えているのだろう。そこで,10連休の話がでたので,私が「なに,10連休なんて大したことない,俺は365連休だ」と言うと,「うんうん,でも曜日を忘れちゃうんだよな」という笑い声も。まあ,ここに来ている人はリタイア組の気楽な人が多い。
しかし,世の中10連休を喜ばない人もいるのだそうだ。非正規職員は仕事がないと,その分の給与が貰えないところが多く,連休が長いと収入が減ってしまって,却って困るのだそうだ。なるほどなあ。確かに,そうかもしれない。正規の職員は,長い連休を給与の心配はせずに有意義に過ごすことができるが,非正規職員の人は,この10連休が恨めしいというわけか。
と言うことは,平成から令和への移行と,天皇皇后両陛下の即位についても,心から喜べなかった人がいた可能性があるわけだ。もしかすると,カウントダウンを苦々しく眺めていた人がいるかもしれない。この10連休にグルメに舌鼓をうつ人もいれば,カップめんをすすって空腹を満たす人がいるかもしれない。考え過ぎか?

天気が良すぎて風が弱かった 令和 元年 の大凧
IMG_0518.JPG
IMG_0508.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

警察の判断ミス [シルバーウィングでGO]

テレビに,ひどいあおり運転の動画が流れた。突然目の前に黒い車が割り込んで来る。危ないから割り込まれた車の運転者は反射的にクラクションを鳴らす。すると,黒い車は蛇行運転を繰り返しながら急減速。危うく追突しそうになる。
黒い車からは男が上半身を乗り出して怒鳴ったあげく,水が入ったペットボトルを投げてきた。とっさにハンドルを回して回避する。黒い車はインター出口でも危険なあおり運転をしている。
さて,警察はおあり運転者を注意で済ませたそうだ。厳重という言葉はつくが注意は注意だ。処分ではない。また,警察は動画を届け出た被害者に対しても,おあり運転のきっかけを作ったとして「指導」を行ったそうだ。
この話,どうも納得できない。被害者本人は走行車線に戻っていれば,あおり運転に遭わずに済んだかもしれないと反省しているそうだが,随分しっかりしたお方だ。しかし,警察の判断には反対だ。
あおり運転をした男は,警察なんて甘っちょろいもんだと下を向いてベロを出しているだろう。あれだけ危険なことをしても,処分ではなく注意だけで済んだから,またやってしまう可能性が高い。それだけではない,あおり運転予備軍に対して,「やっても警察は大したことないよ」というメッセージを出したことになる。
警察は一罰百戒という言葉を思い起こさなければならない。もう,喉元を過ぎて熱さを忘れのか。あの大事故のことを思い出せ。

おっと,このスピード危険
IMG_0175.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

余計なことだが [シルバーウィングでGO]

平成31年4月30日から令和元年5月1日まで,特に何事もない。品川から来た二つの小さなつむじ風が通り過ぎただけだ。おおむね穏やかな日常の連続だ。
夕べは,渋谷で「恒例の」カウントダウンがあったようだが,雨の中ひどい有様で何とも気の毒だった。私は10時半過ぎには布団に入り,いつもと同じ生活パターンだ。それにしても,カウントダウンにどんな意味を見いだすのだろう。ま,多少の経済効果は有るかもしれない。
さて,平成天皇が即位したのは55歳,令和天皇の即位は59歳だ。常識的に考えれば,令和は平成よりも短いだろう。令和の次が気になる。本当かどうか,ネットには継承順位が1位になられる秋篠宮殿下が即位に前向きではないとの記事も載っていた。また,天皇陛下の御息女愛子様の天皇即位の可能性についての記事も有るようだ。
憲法に定められる天皇の世襲が男系男子に限ることについての決まりは皇室典範という法律で定められている。法律だから国会で変更可能だが,国会議員たちは,この問題については及び腰だ。
放置すれば皇室の存続に黄色ランプがつきかねない状況にも関わらず,国会議員は手をこまぬいて放置している。責任を放棄動し動こうとしない彼らを,我々はまだ許さねばならないのだろうか。
うるさい,その時いなくなっている筈のお前は,余計なことは言うなと非難されるかもしれないなあ。

という漢字は十九画だった。すぐに忘れそうだ。
P1070659.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

平成最後の日 [シルバーウィングでGO]

平成の終わりに何か感慨があるかと考えてみると,深い感慨を伴って思い返すことはそれほどない。それほどと言うからにはいくつかは有ったんだろう,と問われたとしても大したことは思い返せない。
「ボーッと生きてんじゃねぇよ」とチコちゃんに叱られるような10年一日の,感動の少ない生活を繰り返してきたような気がする。ボランティアで有名なスーパーおじいちゃん尾畠さんは令和の到来にただの日の移ろいと捉えて些かも動揺はないそうだ。うん,哲学者,生きる達人。
チコちゃんに叱られるかもしれないが,平成から令和への代替わりも私の生活や生き方に大きな影響を及ぼすものではないらしい。とても尾畠春夫さんには及ばないが,今日も明日も明後日も,早めに起きてお腹の出っ張り具合を再確認しその日の献立に悩み,体組成計の数字に一喜一憂しつつ,リバウンドを気にしながらビールに舌鼓を打つ。反省反省と言いながら,なにも変えようとしない生活を後生大事に守っているわけだ。

平成生まれを意識するときが来るのだろうか
IMG_0155.JPG
nice!(1)  コメント(0)